Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あなたの最強“エプロン男子”は誰? 大森南朋、西島秀俊ら歴代キャラを振り返り

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 自粛生活の中で、料理や掃除、洗濯など家事に目覚める男性たちが増加中だ。それぞれのこだわりを持ち、日々の生活を豊かにすることを楽しむ、そんな「エプロン男子」たちは、これまでもさまざまなドラマや映画の世界で活躍している。今回は、ぜひわが家にも来てほしい!と女性からのラブコールも多く寄せられ、新たに家事に目覚めた男性にはお手本となるかもしれない、そんな家事がパーフェクトで心に癒しさえも与えてくれる、おすすめのエプロン男子たちをピックアップしてみよう。 【写真】“ナギサさん”大森南朋、“シロさん”西島秀俊、“猫村さん”松重豊 あなたはどの「エプロン男子」を選ぶ? ■優しくて家事も完璧な癒し系!『私の家政夫ナギサさん』大森南朋  まず最初に挙げたいのは、現在放送中の多部未華子主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22時)に登場する“ナギサさん”(大森南朋)だ。同作は、製薬会社のMRとして働くキャリアウーマンの相原メイ(多部)が、“おじさん家政夫のナギサさん”を雇うことから始まる物語。  ナギサさんは、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫で、疲れて帰ってきたメイの愚痴を聞いてあげたり、メイの家族の溝を埋めるべくそっと手を差し伸べたりする、まるで女神のような存在だ。そんな家政夫としては完璧な姿を見せる一方、ちょっとおっちょこちょいで、弱々しく笑う姿がドラマでは随所に登場し、それがまた女性の心をくすぐる。普段、大森はコワモテの役柄を演じることが多く、“かっこいいおじさん”のイメージが強いが、本作ではイケオジっぷりを封印し、癒やし系おじさんに徹している。その姿に、「私の家にも来てほしい」と熱望する視聴者も続出中だ。 ■イケメンが作る料理にキュン『きのう何食べた?』西島秀俊  2021年には劇場版の公開も決定している『きのう何食べた?』(テレビ東京系)では、西島秀俊のエプロン姿を堪能できる。同作は、2LDKの部屋で男2人暮らしをする弁護士のシロさんこと筧史朗(西島)と美容師の矢吹賢二(内野聖陽)のほろ苦くも温かい日常と恋、そして日々の食卓を描いた物語。  毎話登場する、シロさんが作る料理の数々はまさに“飯テロ”。西島がエプロン姿で手際よく料理する姿も様になっていてキュンとする。現在、シロさんが作る「レシピ動画『きょう何食べる?』」が劇場版『きのう何食べた?』公式チャンネルで配信されているため、そちらも要チェック! ■恋を見守る料理上手な弟『4分間のマリーゴールド』横浜流星  福士蒼汰と菜々緒による禁断のラブストーリーを描いた2019年放送のドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)には、エプロン姿の横浜流星が登場する。死の運命が視(み)える救急救命士のみこと(福士)とその義理の姉・沙羅(菜々緒)の切ない恋を描いた本作で、横浜は2人の弟の高校生・花巻藍役で出演。  花巻家では藍が日々の料理を担当するという役どころのため、度々、料理姿を披露する。横浜自身は、それまであまり料理経験はなかったというが、特訓を経て、本作では見事な腕前を見せた。 ■哀愁漂うかわいい猫の家政婦『きょうの猫村さん』松重豊  厳密に言うとエプロン“男子”ではないのだが、大森同様、普段はクールな役柄を演じることが多い松重豊が、猫の家政婦という個性的な役柄を演じるミニドラマ『きょうの猫村さん』(テレビ東京系/毎週水曜24時52分)は、ほしよりこの人気コミックが原作。松重が演じる猫村ねこが、自分を拾ってくれた飼い主・ぼっちゃん(濱田岳)との再会を果たすため、家政婦として働いてお金を貯めることを決意し、村田家政婦紹介所の門をたたくというストーリー。  これまでさまざまな役柄を演じてきた松重にとって、初めて挑戦する猫役だが、ピンクのエプロンをつけて、家事に勤しむ猫村さんの姿は、どこか哀愁すら感じさせるかわいさ。一度見始めたら止まらない魅力を持っている。 ■異色の女装家政夫『家政夫のミタゾノ』松岡昌宏  異色のエプロン男子(?)として猫村さんと並んでピックアップしたいのが、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)の松岡昌宏だ。同作は、松岡扮する女装家政夫の三田園薫(通称、ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までスッキリ落としていくというヒューマンドラマシリーズ。  家事のスキルはプロ級で、驚異の身体能力を持つミタゾノさんだが、神出鬼没で何を考えているのか分からない謎多き人物。秘密を暴かれてしまいそうな怖さはあるものの、一度は家事をお願いしてみたい気も…。ちなみに、同作には家政夫の村田光役で、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧も出演しており、キュートなエプロン姿を披露している。 ■「エプロン男子」界の新星!『極主夫道』玉木宏  最後に、10月から読売テレビ・日本テレビ系でスタートする『極主夫道』も挙げておきたい。同作は、伝説の極道“不死身の龍”と呼ばれた龍が、エプロンをつけて専業主夫に命をかける、ドタバタ痛快劇。  玉木宏が、元極道の専業主夫という龍役を演じる。原作のコミックでは、黒シャツに黒パンツ、サングラスをかけてオールバックという極道スタイルに、熊の絵柄のエプロンをつけるのが龍の定番スタイルとして描かれているが、果たしてドラマではどんな龍が誕生するのか。放送を期待して待ちたい。    こうして見ると、どの「エプロン男子」も、単に家事処理能力がパーフェクトなだけじゃなく、1人の人間(1匹はネコ)としてもとても魅力的なキャラクターばかり。家事を頼る相手というよりも、一緒に暮らすパートナーとして、どのキャラクターとどんな生活を送ってみたいか、妄想してみても楽しいのでは?(文:嶋田真己)

【関連記事】