Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

恐ろしい…日本人に「八重歯」「歯茎が出てる人」が多い原因

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

歯学博士・宮島悠旗氏の著書『国際人になりたければ英語力より歯を“磨け”』より一部を抜粋し、日本人が八重歯になってしまう原因を取り上げます。

安易に抜歯することはできない「八重歯」

日本人が八重歯を許容する風潮は、なかなか根強いものがあるようです。どういうわけか「笑顔のかわいさを強調するチャームポイント」と認識され、八重歯をアピールして人気者になったアイドルも多く存在しました。もちろん国際社会ではNGですので、日本でもこれからは矯正する人が大多数になっていくと思います。 そもそも八重歯とは、上顎の前から3番目に生える犬歯(「糸切り歯」ともいいます)が、両隣の歯よりも外側に飛び出した位置に生えている状態をいいます。犬歯は尖った形をしているため、歯並びの外側に飛び出したことによってその尖りが強調され、他の歯が出ている場合よりも目立ってしまうのです。 犬歯は根が太くて長いため、歯の中で最も長い寿命をもっています。噛み合わせの上でも重要な役割のある歯ですから、八重歯になっているからといって安易に抜歯することはできません。 八重歯になる原因は、次のようなものが考えられます。 1.顎の骨の発達不足 顎骨が発達しないと、永久歯が並ぶためのスペースが狭くなります。そのせいで八重歯になっている人が多いと考えられます。もともと欧米人に比べ、顎の骨が小さく華奢な日本人ですが、顎の発達は、幼少期の食生活にも大きな影響を受けます。顎骨の発達のためには、小さい頃から、ものをよく噛んで食べる習慣をもつことが大切です。 しかし最近はやわらかい食べ物が好まれ、地域によっては小学校の給食でも、お粥のような白飯ややわらかいパンを出すようになっています。そうでないと「児童が給食を残すから」という理由があるようですが、顎骨の健全な発達のことを考えると、あまり好ましい状況ではありません。子どもたちが外で身体を動かして遊ぶ習慣が減ったことも、食欲の減少や、食べ物をよく噛む意識の低下につながっているのかもしれません。 2.歯が大きい 顎骨が正常に発達しても、歯1本1本が大きければ、永久歯が並ぶべきスペースに本全部が入りにくくなることは同様です。犬歯は笑った時よく見える位置に生えますから、ますます歯並びの悪さが目立つことになってしまいます。 3.乳犬歯が遅くまで残った(晩期残存乳歯) 犬歯の部分に生えている乳歯を「乳犬歯」といいます。乳犬歯が晩期残存乳歯になると、永久歯の犬歯が正しい位置に生えにくくなります。多くは外側にずれた位置に生えやすいため、そのまま八重歯に成長する可能性が非常に高い状態です。 4.上顎の前歯に過剰歯がある 上下の歯列のどこかに過剰歯が発生する確率は、全体の2~3%という過去の研究結果があります。そのうちの~%は、上顎の前歯付近に現れることもわかっています。上顎の前歯付近といえば、八重歯の生える位置が含まれます。過剰歯があると前歯の生えるスペースが少なくなり、犬歯が押し出される形で八重歯化してしまうのです。 過剰歯は多くの場合、顎骨に埋まったまま成長しないため、レントゲン写真(X線写真)を撮影して確認しなければ存在しているかどうか、自分ではなかなか判断できません。八重歯だけでなくすきっ歯や、歯並び全体のでこぼこなども引き起こしやすいものなので、上顎の前歯に「どうも歯がきれいに並ばない」などと違和感を覚えたら、早めに歯科医院で診察してもらうことをおすすめします。 5.上顎の乳臼歯が早くに抜けた 臼歯の部分に生えている乳歯を「乳臼歯」といいます。上顎の犬歯は歳臼歯を除いた永久歯の中で、最も遅く生えるのが特徴です。そのため奥の乳歯(乳臼歯)が虫歯になって早くなくなった場合、犬歯より早く生える奥歯の永久歯が前のほうに移動し、犬歯が生えるはずの位置のすき間を閉じるような形で生えてしまいます。その結果、犬歯は外側にずれて生え、八重歯になってしまう可能性が高くなります。 6.犬歯の歯胚の位置異常 歯の根は最初から完成した状態で顎骨の中にあるわけではありません。乳歯も永久歯も歯胚という、歯のもとになる細胞の塊の状態で顎骨の中に姿を現します。歯胚は成長すると、まず歯冠(歯の頭の部分)に形を変えます。そのあと歯根(歯の根)が伸びると同時に、歯冠が顎骨から口の中の歯茎表面に出てきます。 犬歯の歯胚の位置が何らかの異常でずれて成長した場合、歯の向きがねじれぎみになったり、生える位置が両隣の歯と揃わなくなったりします。もし外向きにずれていれば、それが原因で八重歯になることもあります。

【関連記事】