Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鹿児島の離島に「海生ワニ類」、8千万年前の地層から歯の化石…国内2例目

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
読売新聞オンライン

 鹿児島県薩摩川内市は16日、同市の離島・下甑島(しもこしきしま)の約8000万年前(白亜紀後期)の地層から、海に生息していた「海生ワニ類」の歯1本の化石が見つかったと発表した。国内では北海道に次ぐ2例目。アフリカや南米などでも発見例があるが、日本を含む北太平洋沿岸地域では珍しいという。 【写真特集】古都の祈り~コロナに向き合う~  国立科学博物館などでつくるチームが2018年に調査し、北九州市立自然史・歴史博物館の御前(みさき)明洋学芸員が発見した。特徴的な形状から、海生ワニ類の歯と判断した。長さ約2・5センチ、幅約1・1センチの円すい形で、全長3~4メートルの個体のものとみられる。  国立科学博物館標本資料センターの真鍋真センター長らによると、ワニの仲間は約2億2000万年前から生息し、一部が陸から海に移って海生ワニとなった。魚が取りやすいように、口先がとがっていたものもいたとされる。

【関連記事】