Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【K-1】久保優太がベテランの妙技でvs日本人無敗のピケオーを退けV3

配信

ゴング格闘技

「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」 2020年3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ 【写真】愛妻サラと勝利を喜ぶ久保 ▼第7試合 K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ 3分3R・延長1R ○久保優太(K-1ジム五反田チームキングス/王者) [判定3-0] ※30-29×3 ×ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym/Krushスーパー・ウェルター級王者/挑戦者) ※久保が3度目の防衛に成功 K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチとして、王者・久保優太(K-1ジム五反田チームキングス)と挑戦者ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)が対戦。 久保は2019年3月の『K'FESTA.2』で城戸康裕を相手に防衛戦を行い、延長Rの末に判定2-1で2度目の防衛に成功。その試合で負った怪我の回復が長引き、1年ぶりの試合となる。挑戦者のピケオーはKrushスーパー・ウェルター級王者で、2015年5月に初来日して以来、日本人トップ選手をことごとく降し、日本人相手には無敗を誇る。「ピケオーは日本人無敗で来ていると思いますが、僕しか勝てる選手はいないと思うので日本人最後の砦として頑張ろうと思います」と意気込む。 対するピケオーは、2015年5月に初来日し、当時国内トップの実力者だった佐藤嘉洋をKOして注目を集めた。同年7月の『K-1 WORLD GP -70kg初代王座決定トーナメント』では決勝でマラット・グレゴリアンに敗れるも、1回戦と準決勝はKO勝ちして準優勝。その後は現在までチンギス・アラゾフに敗れたのみで、日菜太、木村“フィリップ”ミノル、野杁正明といった国内強豪たちを軒並み撃破し、日本人相手に無敗を誇る。2016年4月に奪取したKrushスーパー・ウェルター級王座は5度の防衛に成功。戦績は45勝(20KO)7敗1分。 久保の入場時にSARAが歌い、K-1から引退宣言した芦澤竜誠もラップで合流。SARAは「久保ちゃん、頑張ってー!」とマイクでエールを送るが、久保は集中した表情。 1R、サウスポー構えの久保、オーソドックス構えのピケオー。久保の左ミドルにすぐに右ローを打ち返すピケオー。久保は左ミドルをヒットさせる。しかし詰めるピケオーは連打からヒザ蹴りで牽制。久保は下がりながらも対応を見せる。左ミドルのダブルは久保! ピケオーの入りを巧みにそぐ。左フックから右、左ボディから右で入るのはピケオー。しかし久保もさばいてインロー。ピケオーの右ハイキックの強打は久保がブロック。 2R、左の奥足ローを狙う久保。ピケオーの右のミドルをかわして左ミドルを返す。前手をつきあい、右を上下に突くピケオーだが、久保は左ロー! さらに左ミドル。左右ボディ打ちを効かせ、離れ際に左の三日月蹴りを当てる! ピケオーの右のダブルをしっかりかわす久保だが、ピケオーの右ハイも力強い。ブロックする久保。終了間際のピケオーの右のハイを1度目はブロック。2度目はスウェイでかわす。 3R、圧力をかけるピケオー。左ミドルを当てる久保はカウンターも狙う。右ハイ&ロー、前蹴りのピケオー。さらにボディストレートから右を突くが、久保はその脇を潜る。右ボディで飛び込むピケオーにクリンチする久保。離れるピケオーは右ボディストレート。久保は圧力に下がりながらもクリンチ。右ストレートをかすめるとスウェイでかわし、クリンチ。右の蹴りを上下に突き、二段蹴りで詰めるピケオー。久保は決定打を許さないが、防戦一方に。ゴングに両者が手を挙げる。 判定は3者30-29でピケオーを完封した久保が見事、3度目の防衛に成功した。

【関連記事】