Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

400回以上の一人旅で見きわめた便利グッズ。日常でも使える!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

海外への一人旅歴は25年以上、回数は400回を超える、モード雑誌『SPUR』元編集長のひとりっPこと福井由美子さん。旅本「ひとりっぷ」シリーズを出版しながら、「主婦でも、お母さんでも、どんどん一人で旅に行っていいんです!」と、一人旅の楽しさを提案し続けています。 日常にも使える便利な旅アイテムについて、そしてウィズコロナの時代に、旅とどう向き合っていきたいのかを中心に話をお伺いしました。

「お母さんだから一人旅に出ちゃダメ」なんて法律はないんです

●旅に役立つものは、日常でも便利なアイテム ――「ひとりっぷ」シリーズでは、毎回、旅にお役立ちのファッション&グッズ紹介ページも楽しみのひとつです。登場するアイテムは、旅だけでなく普段の生活にも使えそうなものが多いですよね。 「旅に便利なものは、日常にも便利なんです。私の場合、旅グッズは、“薄い、軽い、多少は雑に扱っても大丈夫”というのがセオリーで。あとはアウトドアブランドのものも多いですね。機能性が高いので、日常使いをしながら、旅にも応用しています。たとえば機内持ち込みのポーチも、入れるものに応じてモンベルのもの、レスポートサックのもの、さらにはジップロックなどと使い分けています。バッグの中で行方不明になりがちなので、基本的に黒はNGです」 ――大荷物なのに、機動力が優れているのがさすがです。 「快適さは道具で決まるので、必要なものは過不足なく持参します。400回以上ひとりっぷし続けるなかで、現時点でもっとも使えると思っているものをラインナップ。『10gを笑うものは10gに泣く』がモットーなので、愛用の品で少しでも軽量タイプのものが出たら、迷わずに買い替えます。 スタイリスト・地曳いく子さんとの共著『たまには世界のどこかでふたりっぷ』には、私ひとりっPのこだわりの旅用品と、旅の匠・いく子さんの逸品がぎっしりと紹介してあります。『こんな綿棒をなにに使っているのか?!』というレベルの細かさまで載せているので、ぜひそちらも含めて、参考にしていただけたらうれしいですね」

【関連記事】