Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジェシー・アイゼンバーグ監督デビュー作、ジュリアン・ムーアら出演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 映画『ソーシャル・ネットワーク』や『ゾンビランド』シリーズなどで知られるジェシー・アイゼンバーグが初監督を務める作品に、オスカー女優のジュリアン・ムーアと海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のフィン・ウォルフハードが出演することがわかった。また、プロデューサーとしてエマ・ストーンが参加する。 【写真】胸元セクシーなドレス姿も「ジュリアン・ムーア」フォトギャラリー  Deadlineによると本作はコメディドラマ作品で、ジェシーのオーディオブック「When You Finish Saving the World(原題)」を元に映画化。詳細は明らかになっていないものの、オーディオブックの内容とは少し異なり、母と息子の物語が紡がれるようだ。  映画の元となるオーディオブックは、ジェシーが脚本を手掛け出演するもので、2020年中に発表予定。30年にも及ぶ物語が6部構成で語られ、新生児の息子との関係を模索する父親ネイサン、人生と人間関係に自分の居場所を探す若き大学生のレイチェル、そして自分の出自とこの先どうなるのかを探ろうと望むティーンエイジャーのジギーという、1つ家族の3人のメンバーに焦点が当てられるという。フィンはオーディオブックにも出演しているそうだ。  映画は、『ゾンビランド』シリーズでジェシーと共演したオスカー女優のエマ・ストーンが、『サタデー・ナイト・ライブ』ディレクターのデイヴ・マッケイと、ジュリアンとともにプロデューサーを務める。エマはミニシリーズ『Maniac(原題)』でプロデューサーを務めているが、長編映画のプロデュースはこれが初めて。マーゴット・ロビーやシャーリーズ・セロンなど、プロデュース業に進出する女優が増えているなか、これに続く形だ。また、ジェシーはこれが長編映画監督としてデビュー作となる。

【関連記事】