Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<私がモテてどうすんだ>おそろいポーズに自撮りも 吉野北人&神尾楓珠&伊藤あさひ&奥野壮“スーパーイケメン”超仲良しオフショット公開

配信

MANTANWEB

 ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の吉野北人さん主演の映画「私がモテてどうすんだ」(平沼紀久監督、7月10日公開)のオフショットが7月2日、公開された。本作で“スーパーイケメン”役を演じる吉野さん、神尾楓珠さん、伊藤あさひさん、奥野壮さんらキャスト陣が、カメラに向かって“おそろい”のポーズを決める姿や、スマートフォンで自撮りをする様子などが収められた超仲良しオフショットとなっている。 【写真特集】吉野北人、神尾楓珠、伊藤あさひ、奥野壮… “スーパーイケメン”4人の“素”がたっぷり! オフショットを一挙公開!

 先日行われた映画公開記念生配信イベント「私(わた)モテフェス」で、4人が撮影時以外で「しりとり」や「お絵かき伝言ゲーム」などで遊んでいたことが明らかになり、ヒロイン・花依を演じた「E-girls」の山口乃々華さんも「(男子4人は)よく腕相撲大会をしていたり、動物のモノマネをしていたり中学生のようでした」とコメント。常に大盛り上がりだった現場を、4人は「終始楽しい撮影現場でした」と振り返った。

 本作のメガホンをとった平沼監督は、吉野さん、神尾さん、伊藤さん、奥野さんが演じた役柄について「同じ女の子(花依)が好きという共通点はあるとしても、同級生のスポーツ系イケメン・五十嵐(神尾さん)とチャラい系イケメン・七島(伊藤さん)以外は、サブカル系イケメン・六見(吉野さん)が先輩、ツンデレイケメン・四ノ宮(奥野さん)が後輩で学年も違うので、僕らの理解を超える仲の良さがないといけない」と話し、「仲が良いというワードだけでなく実際にそうでないと画面ににじみ出ないものなので(劇中)後押ししてましたし、彼らも実は分かりながらやっていたとも思うんです」と撮影以外での4人の振る舞いについて語っている。

 「私がモテてどうすんだ」は、少女マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載されたぢゅん子さんのマンガ。アニメの推しキャラクター同士や、クラスのイケメンたちのBLを妄想するのが大好きなオタク女子・芹沼花依(富田望生さん)が、ある日、愛するアニメのキャラが死んだショックで1週間絶食して激ヤセし、超美人(山口さん)に変身。現実世界でモテるようになるというラブコメディー。

【関連記事】