Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビームスTシャツ「女性蔑視」批判で販売中止 アートとの線引きは? 「意図を丁寧に伝えられなかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

大手セレクトショップのビームス(BEAMS)が発売したTシャツに批判が集まり、8月31日に販売を中止したことが分かりました。ピンクチラシをモチーフとしたり性暴力を連想させたりする絵柄に対して、「女性蔑視だ」といった声が上がっていました。(北林慎也) 【写真】取材後に削除された画像、批判を受けて販売を中止したビームスのTシャツの絵柄はこちら

「可愛さと毒々しさが入り混じる」

ビームスは、アパレルブランド「LABRAT/ラブラット」によるTシャツを2020年4月中旬から販売していました。 発売当時、ビームスは以下のような紹介文でSNS投稿していました。 “<LABRAT(ラブラット)>から届いた新作は、グラフィックに定評のあるface氏とのコラボレーションアイテム。可愛さと毒々しさが入り混じる印象的なアイテムです。” その絵柄は2種類。 女性に拳銃を突きつけて口を押さえた、性暴力を連想させるような絵柄と、下着が見える体育座りの制服姿の女子生徒を思わせるイラストに「おまたせ~エ」「ギャル募集中」「(電話)5474-6060」といった文字が組み合わされた、ピンクチラシを連想する絵柄です。 前者についてはすでに完売しており、後者のピンクチラシ風の絵柄のみ、販売を続けていました。 この絵柄のアイテム名は「Just call me」で、定価8800円が50%OFFの4400円(税込み)で売られていました。 ビームスのウェブサイトでは、この「Just call me」について、こう紹介していました。 “<LABRAT(ラブラット)>から届いた新作は、アーティストのFACE氏とのコラボレーションアイテム。バックプリントには魅力的な女性が描かれており、氏のイラストならではな1品です。” また、このブランド「LABRAT/ラブラット」のキャッチコピーを、こう紹介していました。 “LABRAT is .... 東京の洋服ブランドです LABRAT is .... トキメキを忘れない LABRAT is .... アダルトオンリー LABRAT is .... モードとストリート LABRAT is .... 君の服” ビームスのサイト上の説明によると、このブランドとのコラボ企画としてデザインを担当したFACEさんのプロフィールは、次の通りです。 “アパレルブランドのデザイナーを務める傍ら、今の時代のCGの「誰にでもできる冷たさ」に疑問を持ち、2014年から「自分にしか出来ない温かさ」を求め、本格的に手描きのイラストを始める。 雑誌などの挿絵をはじめ、七里ガ浜のドライブインカフェ「Pacific DRIVE-IN」へのイラスト提供、渋谷MODIレストランフロアの壁画、伊勢丹ReStyleの装飾のイラスト担当、在日ファンクのグッズイラスト提供、GREEN ROOM Fes 2015の壁画を担当しました。またファッションブランドとのコラボレーションも 数多く、ファッションブランドとの関わりも深い。” ビームスのウェブサイトでは、店舗スタッフらによる試着イメージ写真も掲載。次のようなコメントが添えられていました。 “<LABRAT(ラブラット)> FACE氏とのコラボ作品。なぜだかドキドキしてしまうグラフィックです。”

【関連記事】