Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】阪南大高が決勝に向けて完全に仕上がった 圧巻のゴールラッシュ

配信

高校サッカードットコム

大会開催の延期が相次ぐが、サッカーの炎は絶やすな! 過去の熱線をプレイバック! 【2019.11.10 第98回全国高校サッカー選手権大阪予選 準決勝 阪南大高 vs 金光大阪】 【フォトギャラリー】阪南大高 vs 金光大阪  11月10日、第98回全国高校サッカー選手権大阪予選準決勝がヤンマーフィールド長居で行われ、阪南大高と金光大阪のプリンスリーグ関西勢同士の対戦となった一戦は阪南大高が5得点の圧勝で金光大阪を下した。勝利した阪南大高は11月16日にヤンマースタジアム長居で行われる決勝に進出し、全国大会出場をかけて興國と対戦する。 阪南大高の圧巻のゴールショーだった。FWの中央突破から1点目、サイドから崩し中で合わせて2点目、FWのポストプレーに中盤から飛び出しての3点目、CKで4・5点目。準決勝の舞台でどこからでも点が取れることを示した。選手権予選ではここまで結果に内容が伴ってこなかった印象だったが、ここにきてプリンスリーグ関西で首位を独走している力を存分に発揮した。夏のインターハイでは3回戦で準優勝の富山第一にPK戦で惜敗したものの、関西の強豪が集まるプリンスリーグ関西では12連勝を達成。今年のチームは確実に全国で戦える選手達が揃っている。この試合でも「金光さんは中央が非常に強い。前線に推進力が欲しかったので下のチームから引き上げた」(阪南大高・濱田豪監督)と2年生の28番FW大川立樹を今大会初スタメンに抜擢するなど、準決勝の舞台でも選手起用を試すところに余裕が感じられた。ボールタッチが柔らかく個人技が光る10番MF窪田伊吹にも「まだファールが多い」(阪南大高・濱田豪監督)と注文を付けるところにも油断は許さないという姿勢が感じられる。夏場の試合では途中出場が多かった窪田。体力に難があるとの印象だったが、この日スタメンに入った窪田のボールを取られた後のプレスバックのスピードはディフェンス面や体力面での成長を見て取れた。個人もチームも相当の経験値を積んで今大会本命と呼ばれる阪南大高が決勝に向けて完全に仕上がった。 試合はロングボールを蹴る金光大阪に対しDFの裏を狙い圧力をかける阪南大高の構図で始まる。3分、阪南大高にファーストチャンス。右CKがファーに流れたところを4番DF北村隼が左足でGKとDFの間に低いボールを通し9番FW篠畑純也が飛び込むもあと一歩届かず。その後は阪南大高がペースを握ると11分、中央やや右よりのスルーパスに抜け出した9番FW篠畑純也がGKをかわしゴールに流し込み阪南大高が先制する。追いつきたい金光大阪は33分、右サイドからの2番DF峯総一郎のロングスローを中で3番DF半田勘多朗が頭で反らし、11番FW林智史がオバーヘッドで狙うもボールはバーの上に外れる。そのまま1-0阪南大高1点リードで前半を折り返す。 ハーフタイムに阪南大高は28番FW大川立樹を下げて16番MF田井光を投入。田井が右サイドに入り10番MF窪田伊吹が右から左サイドにポジションを移す。するとこの交代がすぐに得点に繋がる。42分、阪南大高は左サイドから窪田が縦に突破し中に低いクロスを供給すると、右から田井が中央に走り込み左足の面で合わせゴール。更に46分、阪南大高は篠畑が前線で身体を張ってボールを収めDFの裏に浮き球を通すと2列目から7番MF中村陽紀が抜け出しGKとの1対1を制しゴール。阪南大高が3-0と試合を決定付ける。49分、金光大阪は左からのロングスローが競り合いでこぼれたところを5番DF河野綾介が振りぬく。ボールはDFに当たりループ気味にGKの上を抜けゴールに吸い込まれ金光大阪が1点を返す。しかし阪南大高は67分に4番DF北村隼が、74分に3番DF西田祐悟がそれぞれCKから頭で追加点を挙げ5-1で金光大阪に勝利した。

【関連記事】