Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あいみょん、ドラマ主題歌にCMと絶好調。“驚きがない歌”の力とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
女子SPA!

 現在、多部未華子(31)主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS)の主題歌「裸の心」がヒットしている、シンガーソングライターのあいみょん(25)。同じコンビで淡麗グリーンラベルのCMにも出演するなど、音楽ファン以外にも名前が浸透してきました。9月9日には3枚目のアルバム「おいしいパスタがあると聞いて」のリリースも控えており、ますます人気に拍車がかかりそうです。

驚きがない、安心安全な、あいみょんの音楽

「君はロックを聴かない」(2017)のスマッシュヒットに始まり、「マリーゴールド」(2018)で地位を確立したあいみょん。その後も映画『クレヨンしんちゃん』の主題歌「ハルノヒ」(2019)や、『news zero』のテーマ曲「さよならの今日に」(2020)など、活躍の場を広げています。  いまや、ソロミュージシャンとしては米津玄師(29)と並んで一人勝ち状態ですが、改めて楽曲を聴くと、実にシンプル。フォークやニューミュージックに親しんだ中高年なら、懐かしさすらおぼえるはずです。  ギター教則本に載っているような王道のコード進行に、みんなで声を合わせて歌いたくなるピュアなメロディ。言葉の乗せ方はリズム的にちょっぴりチャレンジングで、現代風にアップデートされていますが、歌メロの基本線は予想から大きく外れることはない。10年ほど前のテイラー・スウィフト(30)みたいに、おじいちゃんおばあちゃんが安心して孫に聞かせられる、すこぶる良質な音楽なのです。

おおらかな凡庸さが魅力

 だから、あいみょんの音楽に驚くことはまずありません。かといって、つまらないわけでもない。安心で安全な構造に守られながら、心の琴線に最大公約数的に触れてくる。とても効率的な音楽なのだと思います。  このおおらかな凡庸さこそが、あいみょんの魅力なのではないでしょうか。  かつて一斉を風靡してきたソングライターたちと比較してみましょう。

aikoや宇多田ヒカルのような鮮烈さはない

 たとえば、aiko(44)なら、一曲の中で“そこでこうくるか”とうならせるフレーズが必ずあります。象徴的なのが「くちびる」(2012)でしょう。まさにサビに入る、そのフレーズで、突然ブルースが響き出すのです。何の予告もなしに、それまでのストレートな音階から半分、もしくは4分の1ほどズラした音が使われ、楽曲全体のトーンをガラリと変えてしまう。黒人音楽の鮮烈な解釈として、忘れがたい一曲です。  そして、宇多田ヒカル(37)の奇跡的なタイム感も忘れることはできません。「Be My Last」(2006)のサビで繰り返されるフェイクには驚かされました。ひとつのリズムの定められた横幅の中で、自由自在に時間を操る運動神経は群を抜いています。  一方、あいみょんを聴いていても、このような発見はありません。誤解を恐れずに言えば、そんなに一生懸命にならなくても楽しめるのです。しかし、細部のきらめき以上に、彼女には大きなアドバンテージがあるように思います。

【関連記事】