Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジャニーズWEST、7人で久々ロケを満喫 中国地方で“びっくり対決”「一緒に冒険するような気持ちで見て」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 人気グループ・ジャニーズWESTが、18日放送『GO!GO!WEST!! 冒険したってええじゃないか ご当地ビックリ対決 in 中国地方』(毎週日曜 深1:00※関西ローカル)に出演する。2014年に初回放送された同番組は、ジャニーズWESTの7人が冒険しながらご当地チャンピオンに戦いを挑むという内容で、今回で第6弾を迎える。舞台となるのは中国地方の鳥取県と広島県。鳥取砂丘を滑り降りる”サンドボード”や、川下り&障害物競走、牛そり逆転レースなど、今回も7人が力を合わせて戦うが、勝負に負けると罰ゲームが待っている。重岡大毅は「ジャニーズWESTと一緒に冒険するような気持ちで見てもらえたらうれしいです」と呼びかけ、小瀧望は「久々に素で楽しんでいる7人が見られるんじゃないかと思います」とコメントしている。 ジャニーズWESTのテレビ出演歴  オープニングは『全日本サンドボード選手権大会』前年チャンピオンと、鳥取砂丘で“サンドボード”対決。2人1組でサンドボードに乗って砂の斜面を滑り降り、その滑走距離を競い合う。傾斜30度の急斜面に「ヤバい!」「アカンて!」とビビりまくり。なかなかバランスを保つことができず、練習でも転倒を繰り返す。続いて、鳥取・千代川で行われている川下りレースでは川を泳ぎ、陸を走り、障害物に挑む過酷なレースに挑戦。障害物競争では、鮎のつかみ取り、豆腐ちくわの早食い、あめ探しと1周ごとに障害物が変わる。7人がそれぞれ得意な種目を担当し、総力戦で打倒チャンピオンを目指す。  広島・三原市では“牛そり逆転レース”に挑む。重さ250キロのそりに1人が乗り、総重量約300キロのそりを4人で引っ張り往復50メートルの速さを競う。そりの上に乗る濱田崇裕(※濱は旧字体)が牛の全身タイツ姿で登場すると、メンバーも苦笑。あまりの重さにメンバーたちもヘトヘトになりながら、必死にそりを引っ張る。世界的に人気が高まっているけん玉の発祥地・広島県廿日市市では、世界一に輝いたチャンピオンが次々とスゴ技を繰り出すの対し、重岡、小瀧、藤井流星が挑む。  最後は、広島の“県民スポーツ”と言われる『エスキーテニス』。テニスと卓球とバドミントンを合わせたようなスポーツで、シャトルのようなボールを小さなラケットで打ち合う。ここで濵田にまさかの奇跡連発? 果たして有終の美を飾ることができるのか。  ロケを終えた重岡は「このコロナの状況下で、ロケ先を探すのも難しかったやろうし。そんな中で本当に番組ができてうれしかったです。最近世間が暗くなっている中、久しぶりのロケで、僕たちも明るくなれたので、そういう出来になってるんじゃないかな」と手応えを口にした。  桐山照史は「こうやって7人でロケすることも、なかなか今はないので、原点に戻る感じでした」と喜び、中間淳太も「真剣にやってるはずなのになぜか笑えてしまう、ジャニ―ズWESTの良さが出てるんじゃないかなと思います」と納得。神山智洋は「日本がこういう時期だからこそ、笑って免疫力を上げてほしいって思いがあるので、僕たちを見て笑ってもらえたら良いなと思います」とアピールした。  スペシャル番組も6回目ということで、藤井は「年々メンバーの素の部分が出やすくなってきていると思います。今回も、結構体を張ってます」といい、濱田は「今、なかなか祭りができない中、ジャニーズWEST流にルールを守って皆さんに楽しい各地の祭りの様子をお届けしたいなと思います」と自信を見せる。小瀧は「やっぱりこの番組が好きなんで、昔からお世話になってるスタッフさんと地方でロケできて、うれしかったし楽しかったし、でも勝負に関しては悔しいし…みたいな、いろんな感情が入りまじりました。またやりたいなと思いますね」と見どころや感想を語っている。

【関連記事】