Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「飲食店の営業再開」「自粛警察」どう思う? 賛成、反対、それぞれの意見

配信

サライ.jp

外出自粛や休業要請に応じていない人やお店などに対して、SNSなどで、嫌がらせや誹謗中傷を行う「自粛警察」。4.3%の43人の方が、「賛成」と答える結果となる一方で、75.3%の759人の方が「反対」と答えました。また、「どちらでもない」と答えた方が、18.8%の190人です。 なお、「その他」と答えた方は、自粛警察をそもそも知らないという方々です。 以下、そのように回答した理由についてお聞きしました。 20代男性 / 東京都 / 会社員 /「賛成」と回答 海外では自粛を守らなかった人への罰則が厳しい中、日本はあまいので、罰則や規制の促進をこめて、もっと強めるべきと考えるからです。そうでもしないと、自粛要請の意味が無いからです。 50代男性 / 神奈川県 / 会社員 /「反対」と回答 国として強制しているのではない。営業している店舗は、コロナ対策し時間も短縮してでも営業する理由を聞いてもらいたい。強制的にするのはおかしい。ニュースを見ていると頭にくる。また、疑問なのは、自粛警察が自粛していないこと。よくわからない。 40代男性 / 福島県 / 個人事業主 /「どちらでもない」と回答 感染防止対策を十分になされていて、さほど人が密集するような店に対して、自粛を強要することはいきすぎた行為だと思いますが、パチンコ店のように、大勢の人が集い大規模なクラスターが発生する可能性のある店に対しての自粛警察行為はしてもいいとは思います。 以上6つの調査結果をご紹介しました。 ほけんROOMより

サライ.jp

【関連記事】