Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新じゃがを使ったアレンジポテトサラダ&オーブン焼き

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

写真・文/矢崎海里 新じゃががおいしい季節になりましたね。 じゃがいもの中でも、冬に植えて春に収穫されるものは新じゃがと呼ばれています。 皮が薄く、しっかり洗って皮付きのまま食べるのもおすすめ。 日持ちもするので、この時期にぜひ購入したい食材です。 今回は、新じゃがを使ったアレンジポテトサラダと、オーブン焼きをご紹介します。

鮭と大葉の和風ポテトサラダ

【材料】(1人分) 新じゃが 中1個 鮭フレーク 10g 大葉 2枚 マヨネーズ 小さじ1 胡椒 少々 かつお節 お好みで

【作り方】

1.大葉はみじん切りにする。 2.じゃがいもはよく洗い、皮ごと600Wの電子レンジで2分加熱する。その後上下を逆にし、さらに2分加熱する。 3.熱いうちにボウルに入れ、潰す。火を加えることで皮がむきやすくなるため、ここで取り除く。

4.胡椒・マヨネーズで和えたら大葉、鮭フレークを加え混ぜる。

5.冷蔵庫で冷ましたらうつわに盛り、かつお節をトッピングしたら完成。 爽やかな大葉の風味と鮭の塩気が楽しい和風のポテトサラダは、おつまみにもぴったり! 新じゃがのおいしい季節、定番のポテトサラダに飽きてしまった方にもおすすめです。 鮭フレーク以外にも、しらすや干し海老など、旨味がつまった食材と合わせると、ひと味違ったおいしさになりますよ。 じゃがいもには、ビタミンCが豊富に含まれています。 いも類に含まれるビタミンCは、加熱しても壊れにくいのが特徴です。 しかし、水溶性のため、茹でるとゆで汁に流れてしまうので、レンジ加熱がおすすめ。 茹でる際は皮付きのまま、切らずに丸ごと茹でることで損失を防ぐことができます。 さらに、茹でる際は水から茹でることで、じわじわと火を通し、甘みを生かし、栄養の損失を抑えることができますよ。 食塩相当量:0.5g

新じゃがとベーコンのオーブン焼き

【材料】(1人分) 新じゃが 中1個 トマト 1/2個 ベーコン 3枚(20g) ハーブソルト 小さじ1/4 オリーブオイル 大さじ1/2 【作り方】 1.じゃがいもはよく洗い皮付きのまま輪切りにする。トマトやベーコンはじゃがいもと同じくらいの大きさに切る。 2.耐熱容器に交互に並べる。

【関連記事】