Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

親の終の棲家をどう選ぶ?|「養護老人ホーム」とはどんなもの?入所者はどんな生活を送っている? 老人ホームの施設長はシスター

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

取材・文/坂口鈴香 今回は、親の終の棲家を運営する側の話をお届けしている。 「養護老人ホーム」で施設長を務める鶴田康代さん(仮名・57)は、ある修道会に所属するシスターでもある。鶴田さんの勤める養護老人ホームは、この修道会が運営を委託されている。 【前回までの記事は関連記事から】

■家族ってなんだろう

鶴田さんの宣教の場である「養護老人ホーム」とはどんなものなのか。入所者はどんな生活を送っているのだろうか。 「養護老人ホームの特徴ですが、やはり経済的に困窮している方、生活保護受給者などがまず入所対象になります。また、家族からの援助が見込めないことも要件となります。遠方の家族でも、仕送りで支えられるのであれば、入所は必要なしということになります。 今月入所された方がいらっしゃるのですが、持病があり、生活保護を受けながら、いわゆる“ゴミ屋敷”のような環境の中で一人暮らしをされていたのを“救出された”かっこうでの入所ケースでした。 入所者のなかには、以前はお正月に家族といっしょに過ごす方もいらっしゃいましたが、最近はそういう方はほとんどいなくなりました。介護度が全体的に高くなり、帰れなくなったこともありますし、実際どこかにいるはずの家族とまったく連絡が取れない方も何人かいらっしゃいます。 数年前、ある入所者が亡くなられ、遠方に住む息子さんに連絡しましたが、どうしても来ることができないと言われ、仕方なく私が喪主となって、あとのことをしたことがありました。事情もあるのでしょうが、家族って何だろうと思いました。 入所者の介護サービスの受け方ですが、うちの施設は『個別契約型』というものを選択しています。ちょうどサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のような感じです。ホームの個室が『自宅』とみなされ、訪問介護サービスを受けたり、デイサービスやデイケアにも出かけたりすることができます。介護以外の生活一般は、支援員(かつては寮母と呼んでいました)が見ることになります。介護サービスでどうしてもカバーできない部分は、すべて支援員がお世話しなければならないので、この方式は入所者の介護度が高い場合、大変ではあります。なので、最近は『一般型特定』といって、ホームの職員が一体的に介護サービスも行えるタイプの施設に移行するところが増えています。ただ、このタイプの施設では、入所者は外部のデイサービスなどを利用できません。個別のニーズに応じるという点では弱いようです。 今日は日曜日でしたが、私は朝のミサのあとホームに出勤していました。本来なら、カトリックでは日曜日はお休みの日なのですが、事務所も交代で出てきています。日曜日はデイサービスが休みで、日中すべての入所者が園内にいらっしゃるので、職員さんは大変なようです。養護老人ホームは、特養ほど介護度が高くないといっても、自立の方はごくわずかですし、精神的な問題を持っている方の入所が増加するなど、なかなかむずかしいところです」

【関連記事】