Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

医師が手術中の女性にわいせつ疑い 広島の福山市民病院勤務時期

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中国新聞デジタル

 広島県福山市蔵王町の福山市民病院での手術中に抵抗できない女性患者の下半身を複数回触るなどしたとして、福山東署は28日、札幌市中央区南一条西、医師大野晋太郎容疑者(37)を準強制わいせつの疑いで逮捕した。  逮捕容疑は、同病院に整形外科医として勤務していた1月下旬、手術を受けていた全裸の30代女性が全身麻酔で抵抗できない中、下半身を複数回触るなどした疑い。  同署などによると、大野容疑者は犯行当時、同病院の整形外科長。女性の主治医ではなく、手術には助手として参加していた。手術中、職員が大野容疑者の行為を目撃。同病院安全管理室に報告して発覚した。  病院から2月に告発を受けた同署が捜査に着手。同署によると、大野容疑者は「触ったと思います」と供述しているという。  同病院によると、大野容疑者は2017年4月から勤務。昨年夏、大野容疑者から申し出があり、ことし3月末で退職した。現在は、札幌市内の病院に勤務しているとみられる。  福山市民病院の喜岡幸央院長は「当院の元医師がわいせつな行為で逮捕される事案が発生し、誠に申し訳ない。職員の倫理意識向上を徹底し、信頼回復に努める」などとコメントを出した。

中国新聞社

【関連記事】