Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元欅坂46 志田愛佳、住野よる最新刊プロモーション映像で2年ぶりのダンスを披露

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 累計300万部突破の大ベストセラー『君の膵臓をたべたい』を世に送り出した住野よるの最新長編『この気持ちもいつか忘れる』が、9月16日に発売される。 【画像】制服姿の志田愛佳(PVより)  本書は、住野よるが学生時代から敬愛するTHE BACK HORNと、作品の構想段階から打ち合わせを重ね、創作の過程も共有し、双方向に影響を与え合うことで生み出された新しい形のコラボレーション作品。先行限定版はTHE BACK HORNのCD付での発売となる。  そしてこの度、発売を記念し元欅坂46・志田愛佳が出演する書籍のプロモーション映像が公開された(https://youtu.be/5U3zivu7I2A)。小説作品プロモーションでのダンス動画も業界初となる。元々、住野のファンだったという志田は、2018年に欅坂46を卒業して以来、2年ぶりのダンスに挑戦している。  劇中で流れる「輪郭」は、『この気持ちもいつか忘れる』作中で異世界の少女が口ずさむ曲をTHE BACK HORNが具現化。更に、歌詞の一部を住野が書き下ろすという、本作のコラボを象徴するような楽曲となっている。 ■志田愛佳コメント 「私自身、住野よる先生の作品を以前から愛読していたので、今回このような機会をいただけて、とても光栄です!新作小説とともにこの小説プロモーション映像も皆さんに楽しんでいただければと思います。」 ■書籍『この気持ちもいつか忘れる』あらすじ 平凡な日常に飽き飽きとして生きる高校生のカヤは16歳の誕生日を迎えた直後、深夜のバス停で異世界に生きる少女チカと不思議な出会いを果たす。真夜中の邂逅を重ねるうち、互いの世界にシンクロがあることに気づき、二人は実験を始める――。 ■志田愛佳(しだ・まなか)プロフィール 1998年11月23日生まれ。15年アイドルグループ「欅坂46」第1期生オーディションに合格しデビュー。18年「欅坂46」を卒業。 ■住野よる(すみの・よる)紹介 高校時代より執筆を開始。2015年に刊行したデビュー作『君の膵臓をたべたい』が大ベストセラーになる。著書に『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し 「」ご「」と「』『青くて痛くて脆い』『麦本三歩の好きなもの』がある。 ■THE BACK HORN紹介 1998年結成。“KYO-MEI“という言葉をテーマに、聞く人の心をふるわせる音楽を届けていくというバンドの意思を掲げている。2001年シングル『サニー』をメジャーリリース。FUJI ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN FESTIVAL等でのメインステージ出演をはじめ、近年のロックフェスティバルでは欠かせないライブバンドとしての地位を確立。そして海外のロックフェスティバルへの参加を皮切りに10数カ国で作品をリリースし海外にも進出。そのオリジナリティ溢れる楽曲の世界観から映像作品やクリエイターとのコラボレーションも多数。2018年には結成20周年を迎え、その勢いを止めることなく精力的に活動中。THE BACK HORN オフィシャルサイト:http://www.thebackhorn.com/

リアルサウンド編集部

【関連記事】