Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無印良品の明かりでおしゃれに防災。倒れたら自動点灯

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

9月は防災月間。無骨な防災グッズをインテリアになじませるのに苦労している方もいるのでは。 「災害時にまず必要になる明かり。無印良品のアイテムなら、わが家のシンプルなインテリアのなかで浮きません」というのは、無印良品に詳しいブロガーのフネさん。詳しく教えていただきました。 子ども部屋に置いた様子<写真>

いざというときのために。シンプルインテリアとなじむ、無印良品の明かり

私はミニマリストには程遠いですが「ものは少なければ少ないほど散らからず、迷わず、ラクに暮らせる」と思っています。そんなシンプルな暮らしを目指す人にとって両立が難しいことのひとつに「防災」があるのではないでしょうか。 インテリア雑誌に載るようなスッキリした部屋に防災用品は見当たりません。 ただ、地震や「10年に一度の」と言われるような災害が毎年のように起こっている今、防災への備えはむしろしっかり見直すべきだと思います。防災は「ものを減らす」ジャンルに入れてはいけないのです。 「無印良品の店のような家」を目指しているわが家は、シンプルインテリア。 そんななかでも「さりげなく」「堂々と」置いている、非常用の明かりについてご紹介します。

●(1) 非常時に自動で点灯する「LED持ち運びできるあかり」

東日本大震災のあと、関東では広く計画停電がありました。 そのときに買ったのが「LED持ち運びできるあかり」。家じゅうに数ある無印良品アイテムの中で「本当に買ってよかったもの」のひとつです。 値段がひとつ6890円と決して安くはないのですが、 ・LEDなので球ぎれがほぼない ・充電式なので持ち運べる ・停電時や地震で充電スタンドから外れたとき自動で点灯する ・ドアノブなどに引っかけて使える形状 ・光の強さが2段階ある といった特徴があります。 防災用品にありがちな濃い色ではなく、無印良品らしい「真っ白」なところがインテリアの邪魔をせず、なによりおすすめな点です。

◆リビングはいざというときに手に取りやすい場所 リビング脇にあるデスクコーナー。なるべくなにも置かないように壁につけられる棚をデスクの前につけているのですが、持ち運びできるあかりもここに置いています。1階に降りる階段にも近く、いざというときに手に取りやすい場所です。 こんなにオープンな場所にあるのに、白いので壁になじんで存在感を主張しません。

【関連記事】