Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブラザートム「これは『翔んで埼玉』のような面白いコメディーだ!」

配信

ニッポン放送

話題のTVドラマ『隕石家族』(東海テレビ・フジテレビ系毎週土曜日23時40分~)。スタート日の4月11日には、このドラマ主演の天野ひろゆきがパーソナリティを務めるラジオ番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」(ニッポン放送・毎週土曜13時~)に、同ドラマに出演の女優・羽田美智子と泉里香が生出演し、同ドラマの主題歌『STARRY SKY』を担当するPassCodeのメンバーである南菜生が番組アシスタントを務める中、様々な裏話も明かされた。 【写真全8枚】ドラマ「隕石家族」場面写真 回を追うごとに、登場人物それぞれの隠された過去などが次第に明らかになり、第6話でも予想だにしない展開となっているが、5月23日の第7話の放送を目前に、カフェ『イスカンダル』店長・古代鉄郎を演じるブラザートムのインタビューレポートが「オトナの土ドラ」チームから到着した。なんとこの店長にも秘密が??―–

マスター役は「日本一やっている」!?衣装にもこだわり満載!

最終回まで残り2話となった羽田美智子主演・オトナの土ドラ『隕石家族』(原作・脚本:小松江里子)。本作は、巨大隕石の接近であと半年の運命にある門倉家の5人が次々と自分の正直な想いを“爆発”させるスペクタクルホームドラマだ。 先週の放送では、大資産家である翔太(中尾暢樹)の父の遺言で、翔太と結月(北香那)の火星移住計画が進んでいる事が発覚。それを結月が拒んだ事で2人が揉め、家族内でも揉めるなか、和彦(天野ひろゆき)が久美子(羽田美智子)の純愛相手・片瀬(中村俊介)を連れて帰宅し、同居する事に…そのぶっ飛んだ展開にSNSが騒然となった。 隕石接近で世の中も門倉家もバタつくなか「飄々(ひょうひょう)として年齢不詳」「世の中のパニックをどこか楽しんでいる」カフェ『イスカンダル』店長・古代鉄郎を演じるのがブラザートム。翔太のバイト先として度々登場、アテ書きとしか思えない役について聞いてみた。 Q. 今回の店長役は、ご本人と近いのでは? 全く違いますね、僕ほど神経質な男もいないので、芝居を作るのが大変でした(笑)。僕きっと日本一、芝居で「店のマスター」をやっていると思います。監督からは「本当に好きな事をやっていい」と言われたのが久しぶりで、嬉しかったし、楽しかったです。 Q. 毎回ド派手な衣装も注目されています。 衣装合わせの時にすごい派手な服ばかりが並んでいて「さぁ、トム着てみろ!」と言われている感じがしたんですけど、僕の大好きな範囲なので、皆さんが思っている以上に重ねて、もっと派手にしちゃいました。アフリカンだったりラッパー系だったりレゲエっぽかったり、あの自由な感じが好きですね。スタイリストさんから「トムさんしか着こなせない服を用意した」と言われたんですが、古着など滅茶苦茶に組み合わせる楽しさがありましたね。カッコイイですよ!僕自身は普段こういう着こなしはしませんが、好きですね。巣鴨でよく見るスタイルですよね、古着を重ねて着ているうちにあんな感じになっちゃう(笑)。「スガマー」と呼んで欲しいですね。

【関連記事】