Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

無観客試合ならではの珍事…実況の声が打者に筒抜け問題で、NPBが各放送局に異例の通達

配信

中日スポーツ

 21日のヤクルト―中日(神宮)でバックネット裏の中継ブースで実況していた声がグラウンドにも聞こえていた問題で、日本野球機構(NPB)は22日、試合を中継する各局に対して「お願い文書」を出すことをあきらかにした。  12球団の代表者会議後、井原敦事務局長は「(セとパの)両統括から中継テレビ局各局に出します。大きい声を出してもいいが、グラウンドレベルに届かないようにしてください(という内容)」と説明した。  21日の試合では、中日サイドから「放送ブースから『捕手がインコースに構えた』などの声が聞こえる」と審判団に報告があった。

【関連記事】