Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

感染経路は不明…仙台市の50代男性 感染確認 6月18日以降7人目 感染者の累計95人

配信

仙台放送

仙台市は7月1日、新たに仙台市内に住む50代の男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。これまでのところ、感染経路はわかっていないということです。 新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、仙台市内に住む50代の会社員の男性です。 仙台市によりますと、男性は6月24日に嗅覚や味覚に異常を感じ、25日に38度台の熱が出て、30日、帰国者・接触者外来を受診し、7月1日、PCR検査で「陽性」と判明しました。 重篤な症状ではなく、入院する医療機関を調整しているということです。 男性は発症前2週間に海外への渡航歴はなく、仙台市は現段階で感染経路は不明としていて、行動歴や濃厚接触者の有無について詳しく調べています。 男性は1人暮らしで、症状が出る2日前の6月22日以降は会社に出勤していないということです。 県内で新型コロナウイルスの感染者が確認されるのは、6月18日以降、7人目で感染者の累計は95人となりました。 また、6月26日に感染が確認された仙台市の飲食店アルバイトの30代女性の濃厚接触者のうち、まだPCR検査を行っていない1人について、仙台市は検査の日程を調整中としています。

【関連記事】