Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初夏を彩る7000株 成田・宗吾霊堂アジサイ見頃

配信

千葉日報オンライン

 アジサイの名所として知られる成田市宗吾の宗吾霊堂で、白や青、紫など色とりどりの花々が見頃を迎え、訪れる人の目を楽しませている。  境内の「あじさい園」には約7千株が植えられ、在来種のほか、姫アジサイや甘茶アジサイといった珍しい種類も花を咲かせる。市観光協会によると、今の見頃は柏の葉に似た葉を持つ柏葉アジサイ。千株以上が植樹された園内では白い花弁が鈴なりに咲き誇り、来場者を魅了している。  例年はこの時期、恒例の「紫陽花(あじさい)まつり」が開催され多くの人出でにぎわうが、新型コロナウイルスの影響で今年は中止に。それでも可憐(かれん)に咲く花々を一目見ようと、園内にはマスク姿の来場者が足を運んでいる。  カメラを手に八千代市から来場した無職、藤原素尚さん(84)は「友人にアジサイがきれいだと聞いて写真を撮りに来た。いろいろな種類が楽しめた」と満足そうに話した。  問い合わせは同観光協会(電話)0476(22)2102。

【関連記事】