Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤井 隆全面プロデュース・アルバム『SLENDERIE ideal』にパソコン音楽クラブ、澤部 渡ら参加

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 10月28日(水)に発売される、藤井 隆主宰の音楽レーベル、SLENDERIE RECORDのアーティストが集結したニュー・アルバム『SLENDERIE ideal』(CD YRCN-95332 3,000円 + 税)の収録内容が発表されています。  新たなSLENDERIE RECORDメンバーとして、麒麟・川島 明が作詞に神田沙也加、作曲に堂島孝平、アレンジに冨田 謙を迎えその美声とテナーサックス・ソロを「where are you」で披露。フットボールアワー・後藤輝基がスカート澤部 渡とタッグを組み本田美奈子の名曲「悲しみSWING」をカヴァー。SLENDERIE RECORDお馴染みのアーティストでは藤井 隆が80年代~90年代の機材をメインに使用しネット・シーンで話題の若手音楽ユニット、パソコン音楽クラブをトラックメーカーに、作詞に盟友YOUを迎え3年振りとなる新曲「14時まえにアレー」を収録。早見 優がディスコミュージックの巨匠ジョルジオ・モロダーの「Right here, Right Now」を日本のダンスミュージックのマエストロ・冨田 謙のトラックメイクでカヴァー。ミュージカル界注目の伊礼彼方はソングライター・ARAKIがニューロマンティックなサウンドで新たな魅力を引き出しています。椿 鬼奴は架空アニメ「超空のギンガイアン」スピンオフ「宇宙孤児イブキ」エンディング・テーマを自らの作詞で披露、レイザーラモンRGはスーパーJ-POPユニット、ONIGAWARAの斎藤伸也とカルロス・トシキ&オメガトライブの「アクアマリンのままでいて」を2020年にタイムトリップさせています。  そのほか、近年注目の新生代トラックメーカー・PARKGOLFが新人のとくこにフューチャーポップなデビュー曲を提供。川島 明にはフジファブリックの名曲「若者のすべて」をリミックス的アプローチでトラックメイク。若手でありながら既に職人な域の作家ニンドリが暗黒天使人生最後の楽曲と言わしめる名曲でデビュー曲「Dirty Angel」をソングライト。MVジングルにも使われている冨田 謙の「ideal」はSLENDERIE RECORDのサウンドアイコンとしてレーベルカラーを音源化した秀逸な一作となりました。  また、11月7日(土)に開催するレコ発イベントの詳細も決定しています。

【関連記事】