Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スパイアクション映画『スパイ in デンジャー』も配信開始 Disney+(ディズニープラス)の類いまれなる魅力

配信

otocoto

ディズニー映画はもちろん、オリジナルコンテンツも充実していることから世界で注目されている定額制公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」。2020年6月11日から日本でもサービスが開始となったが、所有する作品は、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック、更には7月3日からはブルードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』が世界同日配信スタート、とラインナップもバラエティに富んでいる。 なかでもスター・ウォーズ初の実写ドラマ『マンダロリアン』は、『アイアンマン』の監督ジョン・ファヴローが脚本と制作総指揮を務める力作で、シーズン1からキャラクター商品が発売されるなど、すでに世界的に熱狂的な人気を博している。その動画配信サービスだけで、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界観を一気に堪能でき、アニメーションから実写まで、ディズニーそのものの世界観を味わえるのだから、人気キャラクターを生み出したディズニーだからこそ実現できる映像ビジネスなのだ。 そんなディズニーが、20世紀フォックスを買収したことで、それまで20世紀フォックス・アニメーションの傘下だったブルースカイ・スタジオ制作のアニメがディズニープラスでも今後見られるようになった。更に今回は新型コロナウィルスの感染拡大防止、及び観客の安全を考慮し、劇場公開せずに配信でのお披露目となる。

男女問わず子供に安心して見せられるスパイアクションが登場

ディズニープラスで7月10日(金)より独占公開となる『スパイ in デンジャー』だが、やはり幅広い年齢をターゲットとしたディズニープラスでのアニメーションならば、子供に安心して見せられる映画であってほしい。その点を踏まえ、この映画は子供に夢と希望と冒険を与えてくれる最高級の配慮がなされたスパイアクションだ。 まず企画段階から参加したウィル・スミスの存在は欠かせない。子供にも見せられるスパイアニメ作りを意識した本作は、声だけでなく容姿でウィル・スミスだと分かる世界最強のスパイ“ランス”の武器が、「ネコのキラキララメ」という爆発物だったり、ユニコーンのぬいぐるみに搭載した「膨らむハグ」だったりと、女の子の“好き”も詰まったスパイグッズが揃っている。 それを発明しているのが、トム・ホランドがボイスキャストを務める変わり者の発明家“ウォルター”であり、彼は平和的解決をモットーにスパイグッズを発明し続けていて、人間を平和の象徴である“鳩”に変身させるという驚異の発想を持っている。短編アニメーション映画『Pigeon Impossible』からインスピレーションを受けて生まれた本作だが、スパイアクションに動物を活躍させたり、随所に子供が飽きない設定を思いつく製作陣に脱帽だ。監督はトロイ・クエイン、ニック・ブルーノという本作で監督デビューの二人。 しかも、さえない青年が実は世界を救うというピーター・パーカー的成長を遂げるウォルターに声を通して命を吹き込むのがスパイダーマン俳優トム・ホランドというのがこの映画のもう一つのメッセージだ。そこには「変人」という言葉をネガティブに捉えず、逆に「人が持っていない才能」というポジティブな発想への転換を映画から伝える、まさに全てにおいての“平和”的アプローチがなされている。

【関連記事】