Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

つらい頭痛の対処法は? 慢性頭痛か、他の病気原因か見極め重要

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
山陽新聞デジタル

 「頭痛」は誰もが経験したことのある、つらい症状だ。国民の3、4人に1人が悩まされているとも言われる。一口に頭痛と言っても、その症状や原因によっていくつもに分けられる。何も手に付かなくなるような激しい痛みが長時間続いたり、場合によっては命に関わる頭痛もある。岡山中央病院(岡山市北区伊島北町)脳神経外科部長の平野一宏医師に、主要な頭痛の原因や対処法などを聞いた。 1次性 リラックス、ストレス軽減  「よく患者さんにお話しするのですが、脳自体には痛みを感じる組織はありません」と平野医師。実は脳を覆っている硬膜や太い血管のほか、頭や首、肩の筋肉などが痛みを発しているという。頭痛にはさまざまな要因が考えられるため、痛みの起こり方、場所、痛みを強くする因子、軽くする因子、生活習慣、ストレスの程度などを詳しく聞き取り、頭痛の種類や原因を見極めて治療方針を立てていると言う。  頭痛には大きく分けて1次性頭痛(慢性頭痛)と、脳の病気が原因の2次性頭痛がある。慢性頭痛は、さらに緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の三つに分けられる。予防には食事や睡眠など生活習慣に気を配り、リラックスできる時間を持つことが大切だ。一方、2次性は脳の重い病気が潜んでいる可能性がある危険な頭痛。医療機関の早急な受診が必要となる。  ■緊張型頭痛   慢性頭痛の多くが緊張型。耳の上の側頭筋や首から後頭部にかけての筋肉が凝ると、締め付けられるように痛んでくる。「後ろ頭に重たいものが乗っている」「ヘルメットをいつもかぶっているような感じ」などの訴えが目立つという。  真面目できちょうめんな性格の人に多く、人間関係や仕事などによるストレスが大きな原因となる。趣味などリラックスできる方法を身に付ければ自然に痛みは解消する。体操やストレッチなどで筋肉をほぐすのも効果的だ。  「痛みが取れない場合には鎮痛剤や筋肉の力を抜く薬を服用してもらうが、根本的な治療はストレスを減らして筋肉の凝りをなくすこと」  ■片頭痛   突然、頭の片側あるいは両側に、典型的なケースではこめかみにズキン、ズキンと脈打つような痛みがある。多くの人が吐き気を感じておう吐する。倦怠感があり、数時間から2、3日寝込む場合もある。「つらいのは、痛みの激しさを他人には理解してもらえないことだ。職場に出てこないのは怠けているからだ、などと誤解を受ける場合も少なくない」  特徴は前兆の出現。ピカピカ光るものが見えたり、光の中に黒い部分(閃(せん)輝暗点(きあんてん))があったりする。見えているところが突然欠けたようになることもある。「後頭葉に異常な興奮が起きているためだといわれる。これらが起こると脳の血管が拡張する機能異常が起き、痛みが始まる」  ストレスが引き金になったり、緊張が解けたタイミングで起こることもある。アルコール飲料やチョコレート、チーズなどは頭痛発作を誘発しやすい物質を含んでいるので避けるべき。  治療薬はいくつかあるが、トリプタン製剤が代表的。前兆や痛みが出たときに飲む頓服薬で、拡張した血管を収縮させて痛みを和らげてくれる。予防薬としては抗てんかん薬、カルシウム拮抗剤、βブロッカーなどがある。  ■群発頭痛   「耐えられない激しい痛みが片側の目の周りに起こる。1次性頭痛の中で最も強い。火箸やナイフが目の奥に差し込まれるようだと訴える患者さんが多い」  症状は目の奥のひどい痛みと、おう吐、涙や鼻水など。痛みや触覚など顔の感覚を脳に伝える三叉(さんさ)神経の異常が原因とされる。男性に多く、春先など季節の変わり目に突然、起こるという。発作時にはトリプタン系の注射薬(自己注射も認められている)や点鼻剤を用いる。純酸素の吸入も効果があるとされる。

【関連記事】