Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

流行りの浮遊感ではなく、素足感覚!3Dプリント技術で作られたソールのアディダス「4D ラン 1.0」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
&GP

2019年、人生初のフルマラソンに挑戦したビギナーランナーで、次の目標もまた完走というレベルですが、シューズの好みは当然ながらあります! 【関連画像】ディテールを見る あまりふわふわしたクッション性のあるモノは得意ではなく、どちらかというと自分の脚にある程度負荷がかかるような芯のあるシューズがトレーニング時には好みです。そんな時に知ったのが“3Dプリンターで作られたソール”を搭載したシューズ。聞いただけで試してみたくなりました。 未来感がハンパないシューズはどんな履き心地なのか。それを知りたくて、アディダス「4D ラン 1.0」(3万800円)を試してみることに。 実際にトレーニングで履いてみたところ、想像のさらに先を行く履き心地のランニングシューズでした。

抜群の足馴染み

一般的なシューズのソールは、足と地面との間にあるソールを踏んでいるという感覚なのに対して、この靴はソールと足の裏が一体となったような感覚。足の裏全体で地面を踏んでるような印象です。素足感覚の足馴染みにクッション性が加わった、そんな履き心地。 流行りのバネのような浮遊感ではなく、芯のある弾力性とほどよい反発力があります。クッション性が高いシューズは勝手に足が前に行く、靴に走らされているような感覚がありますが、このシューズは自分の足で走ってるという意識が生まれやすくトレーニング向き。そして以前のモデルより40gも軽量化されています。 大抵のシューズの履き始めは、それまでとは違う箇所が筋肉痛になったり、足の裏が痛くなったりと、履きなれるまでに時間が必要でしたが、このシューズは、順応のスタート地点が他の靴よりも早かったように感じます。なによりもアッパーのニット素材のフィット感が最高。窮屈でいて隙がないしっかりとしたホールド感、そして通気性があり、最初に足を入れた時は履き心地で笑顔がこぼれました。

快適な走り心地を実現する革新的なミッドソール

このシューズの一番の特徴はミッドソール。アディダスが17年間にわたり蓄積してきたアスリートの走行データの分析結果をもとに、米Carbon社の3Dプリント技術“デジタルライト合成”で開発されたものです。足の動きに合わせた緻密な設計により、あらゆる角度からの着地の衝撃を吸収し、効率良く自身のパワーへと変換してくれます。 アウトソールには耐久性の高いコンチネンタルラバーを採用。均一な高さでラグがあるため接地面にムラがなく、体重移動もスムーズ。またグリップ力もあるため最後の蹴り足まで力を込められます。蜂の巣のようなラグで前後左右に滑りにくくなっているのもポイントです。

【関連記事】

最終更新:
&GP