Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

つまみはハコスカ、日産が「新型柿の種」マジ開発 先端加工技術で「種の抜型」製作

配信

ねとらぼ

 日産自動車が「新型カキノタネ(柿の種)」を発表しました。お、お菓子……? 一体どうした? 【画像】どんな車種がある? 柿の種 車種一覧  新型カキノタネは、同社の技術開発拠点「日産テクニカルセンター」の地域貢献活動の一環で、神奈川県伊勢原市および地元食品メーカーの龍屋物産と共同開発したもの。“柿の種”を、日産の歴史的名車と伊勢原市のシンボルである大山のデザインに仕立てました。伊勢原市が展開する「伊勢原うまいものセレクト」の1商品に加わります。  「クルマの形」の柿の種は、ハコスカGT-R、S30Z、R32 GT-R、フィガロ、エスカルゴから、R35 GT-R、セレナ、リーフまで、日産の歴史的車種23種類を選定。パッケージデザインを日産のデザイナーが担い、同社総合研究所の試作部が最新の加工技術を駆使し、CAD/CAM設計と自動切削機で米菓の抜型を製作しました。何かすごい!  パッケージは3種類。2020年7月7日から、伊勢原市内の飲食店やNEXCO中日本(中日本ハイウェイ)管轄の高速道路サービスエリア売店などで販売します。

ねとらぼ

【関連記事】