Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヨルシカ・ずとまよ・YOASOBI、夜つながりの“ボカロ”音楽ヒットの理由

配信

週刊女性PRIME

 経済的な低迷をもたらした新型コロナウイルスは、音楽アーティストにも多大な影響を及ぼした。ライブは軒並み中止となり、ライブ会場となるクラブやライブハウスなども苦境に立たされ、多くの店舗が閉店という苦渋の決断を下している。既存のアーティスト達が新しいプロモーション形態を模索していた中、若い世代に人気を集めていた新しいアーティストもいた──。 【写真】歌声だけじゃなく見た目もかわいい! YOASOBIのボーカルikura  自分で作った音楽をYouTubeやTwitterといったSNSで発信できる現在の音楽市場。なかでも「ボーカロイド(通称・ボカロ)」と呼ばれる音声合成ソフトで制作するアーティストたちの活躍が目立つようになった。そんなボカロシーンから新しいユニットも多く輩出され、今回は、特に活躍が目覚ましい『ヨルシカ』『ずっと真夜中でいいのに。』『YOASOBI』の3組を紹介したい。プロモーションでもSNSを駆使したスタイルでファンの開拓をする彼らは、先ごろのコロナ禍にも多くの若者の心の支えとなったからだ──。

若者の“闇”を軽やかに映し出す『ヨルシカ』

 ヨルシカの新作アルバム『盗作』が7月29日にリリースされる。前作の2ndアルバム『エルマー』から約1年ぶりの『盗作』はシングル曲を収録した期待作だ。先行シングルとして『春ひさぎ』『思想犯』が配信され話題になっている。  そもそもヨルシカとはニコニコ動画などで自作曲を発表したことで名を上げたn-bunaとボーカル・suisによるユニットで、suisの透明感のある声、n-bunaの奏でる軽快なギターサウンドが特徴的だ。ロック調でありながらも、はじけるようなアップテンポな曲調は“ボカロ出身”というバックボーンを感じさせる。  彼らの代表曲ともいえる『言って。』で大きく注目を集め、『ただ、君に晴れ』で人気を不動のものにした。先入観を取り払うためにMV(ミュージックビデオ)やジャケット写真などでも、一切、素顔は見せない。そのミステリアスな素性もファンにとって魅力的に映っているようだ。  ヨルシカの魅力はそれだけではない。これまでの楽曲の歌詞を見てみると、 《将来なにしてるだろうって 大人になったらわかったよ 何もしてないさ》(『だから僕は音楽を辞めた』) 《俯いたまま大人になった》(『ただ、君に晴れ』) 《「死ぬほどあなたを愛してます」 とかそう言う奴ほど死ねません》(『負け犬にアンコールはいらない』)  その世界観は決して前向きではないが、軽快な曲調とあわせることでさらりと聴けてしまう。そんなところが将来に不安を持つ若い世代に支持されるのかもしれない。やみくもに希望を持つことを美学とする、世間の風潮に違和感を覚える現代の若者にとってシンパシーを感じるのだろう。そんな病んだ世界観を清純派ボイスのsuisがさらりと歌いこなすことで、余計にヨルシカの持つ陰りを際立たせ、病みつきになる。  ヨルシカという印象的なユニット名。『雲と幽霊』の歌詞内にある《ずっと“夜しか”眠れずに》というフレーズからとったという。「夜しか遊べない」「夜しか会えない」など、続きの言葉を勝手に想像してしまう。そして、音楽シーンの中でも「夜」という言葉が鍵になりつつある……。

【関連記事】