Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山下達郎、志村さんとの意外な交流明かす 一緒に「アイ~ン」の写真も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 シンガー・ソングライターの山下達郎(67)が30日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「山下達郎サンデー・ソングブック」で、新型コロナウイルスに感染し、3月に70歳で死去した志村けんさんへの思いを語った。 【写真】志村けんさんが見せたプライベートの“最後の笑顔”  この日は、妻でシンガー・ソングライターの竹内まりや(65)と共に「納涼夫婦放談」として放送。リスナーから竹内へ「『ザ・ベストテン』に出演した際に『志村けんさんが大好き』と発言してましたが、志村さんと交流はあったのでしょうか」という質問が寄せられた。  デビュー当時にフジテレビ系音楽番組「アップルハウス」の司会を担当していた竹内は、コネを使って「ドリフ大爆笑」のコント収録を見学に行き、志村さんと交流するようになったという。ドリフのコントを録画するために、ビデオデッキを購入。その動画を見て、山下もドリフにハマるようになり、雑誌で志村さんとの対談も果たした。山下は「『なんでそんなにネタをよく知ってるんだ』と言われた」と、楽しそうに回想した。  その後、夫妻は都内のバーで志村さんと会うことがあり、竹内は「すごい高いシャンパンとかを差し入れしてもらったり」と思い出を語った。一度、朝まで一緒に飲んだこともあったという。「上島(竜兵)さんとかも一緒で。『あの時のコントはどうしてああしたんですか?』とか聞いたりしました」と振り返った。  竹内は「本当にすてきな人でした。すごくジェントルマンで、プライベートは静かに飲まれる方」と説明。コンサートに招待したこともあり、「一緒にアイーンをして撮った写真、すごいお宝です」と、思い出は尽きないようだった。

【関連記事】