Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「師匠を超えて、同世代選手と気持ちの面でも肩を並べたい」棒高跳び・江島雅紀

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

日本高校記録を樹立して将来を期待された彼は、大学で躓く。恐怖心と闘い、昨年ようやくトンネルを抜けた。いざ、日本人初の6mの大台へ。(雑誌『ターザン』の人気連載「Here Comes Tarzan」、No.793〈2020年8月6日発売号〉より全文掲載)

競技を楽しめていただろうか。

現在、棒高跳びの日本歴代3位の記録を持つのが江島雅紀だ。日本大学の4年生、21歳ということを考えれば、将来が非常に楽しみな選手である。 彼がその才能を見せつけ始めたのが昨シーズンだ。2019年6月に行われた日本選手権。ここで5m61を跳び、初タイトルに輝いた。そして、8月に開催された上総棒高跳・走高跳記録会では2年ぶりの自己ベストとなる5m71を跳び、これが歴代3位の記録となった。また、この記録により世界選手権の出場も決める。 続けて、日本インカレ。ここでも、ただ一人5m50を跳んで優勝を飾る。10月にドーハで行われた自身初出場の世界選手権では結果を残せなかったが、これらの出来事で棒高跳びの江島という名前は、多くの人が記憶することとなった。まずは、彼に昨シーズンを振り返ってもらった。 「自分の中で焦りがあったんです。僕の世代って、橋岡(優輝、幅跳び元日本記録保持者)とか、サニブラウン(・アブデル・ハキーム、短距離100m日本記録保持者)君とか、世界で活躍している選手がいる。ダイヤモンドアスリートといって、競技者を強化育成する制度があって、僕も選んでもらっているんですが、他の人に比べると、自分がどんどん置いていかれるような感じがしていたんです。 だから、昨シーズンは自分の中ではうまくいったと思っています。ただ、それでもあまり満足はしていません。なぜかというと、自分から取りにいったというよりは、取れちゃった試合というのが多かったから。もちろん、勝つことは大事ですが、棒高跳びを楽しめていたのかというと疑問なんです」 と言うが、5m71は、決して偶然で跳べる高さではない。ただ、江島は高校2年で5m36を、3年生で5m46を跳んでいて、これは日本高校記録である。だから、大学へ入学したときには、すぐに更なる高みへと跳躍するだろうと誰もが期待していた。 ところが、大学1年のときは自己新をマークしたものの、その後は調子を落とす。苦しい時を過ごしたのである。それは、棒高跳びという競技だけに存在する“恐怖感”に囚われてしまったからなのだ。

【関連記事】