Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソルプレッササッカースクール 桜井直人氏【後編】「自分の武器を聞かれて即答出来るかどうか」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 埼玉県の浦和・芝原少年団出身で、1994年に大宮東高校から浦和レッズに入団し、大宮アルディージャ、東京ヴェルディでもドリブルを武器に活躍した桜井直人氏。現在は、ドリブル特化型スクール『ソルプレッサ・サッカースクール』を自ら指導し運営している。そんな桜井直人氏にお話を伺った。 【フォトギャラリー】ソルプレッササッカースクール ーー浦和入団までの経緯、Jリーグでの思い出を教えてください。  高3の時に国体には選ばれていましたが、1度も全国大会に出場することもなく、Jからのオファーなどはありませんでした。高校の監督が浦和レッズに推薦してくれ、練習参加が認められました。レッズのサテライトへの3日間の練習参加でした。兎に角、自分の良さを出そうと思い、ドリブルはある程度通用した感覚でしたが、手応えと言えるほどのものではありませんでした。なので、合格するとも思っていませんでしたし、合格通知が来るまでの3週間、大学に進学してサッカーを続けることも考えていました。合格と言われた時は、本当に嬉しかったので即決しました。  ダメ元で練習参加して、せめて自分の良さだけでも見てもらおうと考えていたので、受かると思っていなかったですね。練習生としての契約でしたし、練習もサテライトの中で、当時は荒川の河川敷での練習でしたし、練習内容や環境面も含めてハードでした。皆全国出場歴のあるような選手ばかりでしたし、身体つきも違いました。プロとの違いを感じましたね。いっぱい走ったりもしました。  最初の1年は膝を怪我して手術した事もあり、全然手応えはなく、危機感ばかりでした。ただ、高校に入った時と同じで、常に絶対に試合に出てやる、トップに上がってやるという気持ちだけは持ち続けていました。最初の2年位は手ごたえはなく、気持ちだけでやってました。  Jリーグでの良い思い出はいくつかあります。2004年に東京ヴェルディで天皇杯優勝が決まった時は嬉しかったです。決勝は怪我もあり出場できませんでしたが、それまでは貢献していましたし、本当に嬉しかったです。優勝したのはこの時がサッカー人生初だったかもしれないですね。  また、大宮アルディージャに移籍を決めた2005年の開幕戦、アウェーのガンバ大阪相手に点を取って勝ったのも印象に残っています。元々ヴェルディが好きだったので、葛藤もある中での移籍でしたし、大宮アルディージャはJ2から昇格したばっかりで降格候補と言われていました。そういった前評判の中、優勝候補と言われるガンバ大阪相手に勝てたのは気持ち良かったです。  後はやっぱり、浦和レッズに入団が決まった時もすごく嬉しかったですね。小学生の卒業アルバムにもサッカー選手になりたいという夢を書いたのですが、夢を叶える瞬間というのは別格です。 ーー日本代表とは。  日本代表候補になったのは2001年頃だったと思いますが、サッカー選手である以上、その国の代表は誰しもなりたいと思うものなので、光栄でした。ただ、欲を言えば一度でもチャンスをもらえたらというのはありました。参加したのは練習だけでしたし、紅白戦などのアピールの場があった訳ではないので、チャンスをもらえたら誰にも負けないし、活躍する自信はありました。チャンスをもらえていたらどうなっていたんだろう、というのは今でもありますね。 ーーサッカースクールをはじめたきっかけ、そして今後について。  現役引退後は大宮アルディージャの普及コーチと浦和レッズの普及コーチとして勤めました。現役引退後に、ドリブルに特化したスクールをやりたいという想いはあったのですが、それまでサッカーしかしてこなかったので、自分で始める前に社会人として勉強が必要だと感じていました。計5年間普及コーチとして勤めた後、今のドリブル特化型スクール・ソルプレッササッカースクールを始めました。  今後一人でも多くの子供達を指導していき、更に拡大していきたいという思いがあります。自分の経験を伝えていくことが自分の義務だとも思いますし、その上で地元の埼玉からトップレベルで活躍できる選手を輩出していきたいです。地元に応援してもらえるような選手が、教え子から出てきたら最高ですね。 ーー最後に、高校生にメッセージをお願いします。  自分は小・中・高と無名で、そんな中でもプロになることが出来ました。勿論巡り合わせや運もあったかもしれませんが、常にうまくなりたい、プロになりたい気持ちをもって努力し続けてきました。自分の得意なこと、足らないことも自分で分かった上で、誰にも負けないくらい練習に取り組んできました。  身体が細かったので、高校時代フィジカルにも真剣に取り組みました。また、自分の武器だと思うドリブルは常に取り組んできました。自分の武器を聞かれて即答出来るかどうか、は大事ですね。どんな環境にいても、自分の武器を磨き、足りないところを理解して努力すれば、本人次第でどうにでもなると思います。  自分以外にも無名でプロになって活躍した選手も沢山います。最大限の努力をすれば、本人次第でどうにでもなれる。現在新型コロナウイルスによる影響もあると思いますが、今の高校生たちには自分次第でどうにでも変わると思うので、頑張ってほしいです。 (取材=編集部) 桜井直人 1975年9月2日生まれ 1994年に浦和レッズに入団後、ドリブルを武器にヴェルディ川崎(東京ヴェルディ1969)、大宮アルディージャを渡り歩く。2001年には日本代表候補選出。 大宮のU12コーチ、浦和のハートフルコーチを経て、現在ドリブル特化型スクール『ソルプレッサ・サッカースクール』での指導にあたる。

【関連記事】