Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「日本沈没2020」劇場編集版、絶望から立ち上がる人々を描いた予告編公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
映画.com

 [映画.com ニュース] Netflixで配信中のアニメシリーズ「日本沈没2020」を再編集して上映する「日本沈没2020 劇場編集版 シズマヌキボウ」の予告編が公開された。  同作は、SF作家の小松左京氏によるベストセラー小説「日本沈没」を、「映像研には手を出すな!」「夜明け告げるルーのうた」の湯浅政明監督が初アニメ化。舞台を2020年の東京オリンピック終了直後に変更し、女子中学生の武藤歩(CV:上田麗奈)らごく普通の家族・武藤家の人々が、大地震によって沈んでいく日本列島で懸命に生き抜いていく姿を描く。配信版の全10話を湯浅監督自らが再編集し、音響は劇場仕様の5.1chにアップグレードされる。  予告編は、湯浅監督が本作を通じて描きたかった“祖国が沈んだ後の日本人の心”に焦点をあてた構成となっており、絶望的な状況から立ち上がって歩もうとする人々の姿を活写している。また予告のなかでは「沸騰する賛否両論」というテロップとあわせて、「ラストがすごかった」「すごくハードで辛い内容」「最後は泣いた」「リアリティがない」などNetflix版を見た視聴者からの反響も映されている。  「日本沈没2020 劇場編集版 シズマヌキボウ」は、11月13日全国公開。

【関連記事】