Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コンビニ冷麺、ローソンとファミマを食べ比べ 個性は具材で演出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 暑い夏はさっぱりした冷麺でも食べたいところ。コンビニでも毎年この季節に、冷麺が発売される。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。 【写真】ファミリーマート『盛岡風冷麺』の中身

「ここ数年、冷麺は冷やし中華や冷やしラーメンとともに、夏のコンビニメニューの定番となっています。今年はファミリーマートとローソンが冷麺を販売中。コンビニ冷麺は、基本的に袋詰されたスープが入っていて、それを麺にかけて、さらに具材をのせて食べるシステムです。スープで麺をしっかりほぐしてから具材をのせるのが、おいしく食べるコツです」

 そこでマネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが、ファミリーマートとローソンの冷麺を実食。その魅力に迫った。

ラー油が主張するファミマの盛岡風冷麺

 ファミリーマートでは、『盛岡風冷麺』(498円/税込、以下同)が発売中だ。1包装あたりのカロリーは361kcal。具材としてチャーシュー、もやしラー油和え、青ネギ、キムチ、ゆで卵がトッピングされている。

「適度な酸味があるさわやかな冷麺です。麺はツルッとしながらも、しっかりとしたコシがある。コチュジャンなどの調味料はついていないので、辛味はキムチとラー油に和えたもやしで演出する形。白菜キムチはそこまで辛さが強くなく、マイルドな感じ。一方、もやしのラー油の風味が意外と強く印象に残ります。ラー油風味の冷麺というのはちょっとめずらしい気もします」(記者A・以下同)

 チャーシュー、ゆで卵はどうだろうか。

「チャーシューは小さくカットされています。脂っぽさはそんなになく、ガッツリ感は抑えめ。ゆで卵はやや柔らかめで、スープに溶けるほどではないくらい。とても食べやすいです。ただ、盛岡冷麺というと、リンゴやスイカなどの果物が具材として入っていることが多いのですが、それがないのは少し残念です。

 全体的には具材も結構ボリューミーですし、さっぱりしている割に食べごたえはあります。自前で酢やコチュジャンを足して、カスタマイズするとさらに楽しめそうです」

【関連記事】