Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鳥の「新曲」が拡散、驚きのスピードが判明、研究

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ナショナル ジオグラフィック日本版

ノドジロシトドの新たなさえずり、20年でカナダを席巻、理由は謎

 ほとんどの鳥には特有の鳴き声があり、それはあまり変わることはない。そのため、野鳥観察者は鳥を見なくても、鳴き声で種を認識できる。しかし、新たな研究によると、鳥の鳴き方が広範囲で急に変わることが明らかになった。 ギャラリー:はじめてのスズメ 写真5点  スズメ目のノドジロシトド(Zonotrichia albicollis)は、カナダをはじめ、北米に広く生息する小さな鳥だ。21世紀になる前、ロッキー山脈の西側のブリティッシュ・コロンビア州で、ある歌の節を3音を2音に変えて鳴くものが現れた。その歌は2000年からの20年間で、カナダ西部から中部にかけて広がり、今ではカナダのほとんどのノドジロシトドが新曲を歌っている。  この論文は、7月2日付で学術誌「Current Biology」に発表された。鳥の鳴き声は、ゆっくりと進化することはあるが、これほど急速な変化はこれまで聞いたことがない、と論文の筆頭著者であるケン・オッター氏は言う。 「こんなふうに広がった例を、わたしたちは知りません」  歌が西から東へと広がっていくにつれ、鳥類学者達は新しい歌の何がそんなに鳥たちを惹きつけているのか、この流行は続くのかどうか、疑問を抱くようになった。今回の発見は、一般の人々が鳥の鳴き声を投稿できるサイトを利用してもたらされた。こうしたデータベースのおかげで、見過ごしてきたかもしれない歌のパターンが明らかになりつつある。

「ここのノドジロシトドの鳴き方は変だ」

 鳥の歌は、聞いていて心地いいだけではない。鳴き声には、鳥の健康や体調など、様々な情報が含まれている。他の鳥と同様、ノドジロシトドのオスは、歌で縄張りを主張し、メスを誘惑する。オスだけが歌う曲もあり、オスは成長初期の重要な時期にその歌を学ぶ。  ノーザン・ブリティッシュ・コロンビア大学で鳥の行動とコミュニケーションを研究しているオッター氏が、ノドジロシトドの鳴き声に何かが起きていることに最初に気づいたのは、1990年代後半のことだった。同氏は、ロッキー山脈のすぐ西にあるブリティッシュ・コロンビア州で、普段はカナダ東部でノドジロシトドの研究をしている仲間と一緒に、フィールドワークをしていた。 「私たちが歩き回っていると突然、彼がこう言ったのです。『ここのノドジロシトドの鳴き方は変だ』」。オッター氏はそれまで気づいていなかったが、確かに違う鳴き方だった。 「ノドジロシトドの昔ながらの歌は、このように聞こえます。『オー・マイ・スイート・カーナダ、カーナダ、カーナダ』」と同氏は説明する。「一方、今回の新たな歌はこうです。『オー・マイ・スイート・カーナ、カーナ、カーナ』」  新曲は1990年代に、オッター氏らが最初に「変な」鳴き方を聞いた場所であるブリティッシュ・コロンビア州北部で流行しだした。そこから徐々に東に広がり、アルバータ州、サスカチュワン州、マニトバ州を横断した。  2004年に2音の節で終わる新曲を歌っていたのは、アルバータ州のノドジロシトドのおよそ半分だったが、2014年には、この地域のすべてのノドジロシトドが歌うようになり、2015年には、オンタリオ州中部から西のあらゆるノドジロシトドが新曲を歌うようになっていた。流行はそこで止まることなく、新曲の発祥地から3200キロ近く離れたケベック州西部で、今なお広がりつつある。  鳥の歌は、仲間から学ばなければならない。つまり、東と西のノドジロシトドが交流しているのかもしれなかった。  2013年と2016年、ブリティッシュ・コロンビア州プリンス・ジョージで繁殖中の50羽のオスにジオロケーター(測位装置)を取り付け、渡りの経路や越冬地を追跡した。  このカナダ西部に生息するノドジロシトドの群れは、カリフォルニアの越冬地に直接南下するのではないかと、オッター氏は予想していた。だが実際には、西の群れは、ロッキー山脈を越え、米国のテキサス州、オクラホマ州、アーカンソー州、カンザス州に広がる大草原地帯グレートプレーンズの南部で、東の群れと合流していたのだ。このように西と東の若いオスが集合する場所で、それぞれの繁殖地に戻る前に新たな歌を覚えているのかもしれない。  今回分析した1785羽の記録をはじめ、一般市民が記録した20年分のデータを用いて、オッター氏らの研究チームは、新曲の広がりをマッピングすることができた。新たな歌を青で、古い歌を赤でマッピングしたところ、2000年から2019年にかけて、青が東に次々と広がっていく様子が明らかになった。今では、古い歌を歌うノドジロシトドを示す赤は、細い帯が東端にわずかに残るのみとなった。 「渡りの途中に、たまたま仲間が異なる歌を歌っているのを、一部のノドジロシトドが気づき、やがて広まっていったのです」と米マサチューセッツ大学アマースト校で鳥の歌を研究するジェフリー・ポドス氏は話す。  同氏は、鳥が相互に学んでいることには驚かなかったが、新たな歌が広まるペースには「やや驚いた」と認める。 「すごく大きくて速い変化です」と同氏は話す。

【関連記事】