Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

芦名星さん死去 自殺の可能性に臨床心理士が指摘する30代の危うさ「死ぬことの衝動が蓄積して顕在化する一つのポイント」「遺書がないことも多い」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 女優の芦名星(あしな・せい)さんが9月14日午前6時半ごろ、東京・新宿区にある自宅マンションで死亡していたことが分かった。芦名さんは、2002年にモデルとしてデビューし、2008年にはベストセラー小説を映像化した映画「シルク」での凛とした演技が世界から認められた。その後も、ドラマ「相棒」など数々のドラマや映画に出演。クールビューティーな演技で人気を集めていた。警視庁などによると、死因は調査中で遺書は見つかっておらず、現場の状況から自殺した可能性があるという。所属事務所のホリプロは、「大切な仲間の突然の訃報に今はまだ現実を受けとめることすら出来ない状態です」などと公式サイトでコメントした。 【動画】30代が抱える死ぬことへの衝動の蓄積  活躍中だった芦名さんの突然の訃報について、臨床心理士の明星大学・藤井靖准教授は、30代で自分のキャリアなどについて悩みを抱える人が多いと指摘した。「死ぬことの衝動が現れる場合、10代中盤くらい、思春期くらいから増えてくるもので、それがずっと蓄積してきて大きな顕在化のポイントの一つとなるのが、社会的にも落ち着きが伴う30代くらい」と説明。また「長い間逡巡した結果、自分なりの決意を、確信を伴って実際に行動に移したり、その気持ちを抑えられなくなったり、というようなことでいえば、30代は1つのキーでもあって、遺書がないことも多いのが近年の特徴」とした。  30代という年齢について、「20代は社会的にも若いと見られていて、失敗が許されたり、自分も仕事覚える段階で無我夢中で日々をこなしていたりする。30代は精神的にも仕事的にも覚えてきて余裕が出てくる分、自分自身と向き合ったり考えたりする余地が広がる。自分のこれからについて悩むが、一方で仕事の密度もかなり充実してくるので、キャリアアップのための何かをするという時間が取れない。これからのステップアップを考えていきたいが、そのための準備ができないジレンマに陥る人は少なくない」と、その年代ならではの悩みがあるとも解説した。

【関連記事】