Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東山紀之ジャニーズ残留の必然 錦織一清&植草克秀はリストラに近い状況?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】  先ごろ、今年35周年の3人組グループ「少年隊」から、錦織一清(55)と植草克秀(54)の2人が年内でジャニーズ事務所を退所と発表された。 「アイドルタレントも当然ながら年を取る。かつて一時代を築いた少年隊もベテランになりましたけど、事務所内に今もちゃんとしたポジションがあるのは東山だけ。錦織と植草の退所はリストラに近い状況にあったのでは」と芸能プロ関係者は言う。  東山紀之(54)だけ残留となったことについて、ベテラン担当記者はこう言った。 「功績が違います。ヒガシは政治的に言えば保守本流。タッキー(滝沢秀明副社長)が若手の育成や指導を取り仕切るようになるまで、ずっとその役割を務めてきました。舞台に出るときは誰よりも早く楽屋入りして、腕立て伏せなどで入念に準備していく。そうしたストイックな姿勢を後輩に見せ、実力の引き上げに貢献してきたのです。そして今やジャニーズではマッチに続くポジションにして、役員でもある。ドラマ主演に情報番組の司会と、仕事でも第一線をキープしている。今更、独立する必要性はないし、ひとりだけ残留と聞いてもなにも不思議には思いません」  2010年に女優の木村佳乃(44)と結婚し、2女が誕生。ジャニーズを背中で引っ張る東山が、最近、問題の多いジュニアら後輩タレントたちの良き手本となればいいのだが。

【関連記事】