Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「、」や「…」も声でオッケー!? iPhoneで音声入力をするコツ【スマホ基本のき】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能があるのはわかっているものの、サライ世代の方からは、電話とカメラ、メール、LINE以外は使いこなせていないという声をよく聞きます。 そこで、今回もスマホのちょっと困った問題の解決方法を、スマホ講座なども行うプロ集団「女子部JAPAN(・v・)」がご紹介します。やりかたを知るだけで、スマホがとっても使いやすくなりますよ! 第22回のテーマは「iPhoneでの音声入力のコツ」です。 iPhoneを使っていて、長めの文章をメールで送りたいときなど、キーボードで文字を入力するのが手間に感じるときがありますよね。そんなときは、「音声入力」を活用するのがおすすめです。

設定を確認

音声入力が可能かどうか、設定を確認します。 ホーム画面にある「設定」をタップしたら、「一般」→「キーボード」と押していきます。

「音声入力」がオン(緑色)になっているか確認。オンになっていなかったら、右のボタンを右側にスライドしてオンにします。

音声入力してみる

設定を確認し終えたら、文字を入力する場面で音声入力をしてみましょう。 たとえばメールであれば、新規メッセージを開き、文字入力したいところにカーソルを持っていきます(1)。そして、キーボードにあるマイクのマーク(2)をタップ。

キーボードが消えた画面が出てきたら、iPhoneに向かって入力したい言葉を話しかけます。今回、「こんにちは」と話してみました。すると、このようにしゃべった通りの言葉が表示されます。

句読点を入力する

句読点も音声で入力できます。

句点の場合は「まる」、読点は「てん」と言えば、入力可能です。

改行する

改行したいときは「かいぎょう」と発音してみると、改行が挿入されます。

「…」や「!」、「?」を入力する

文中に「…」や文末に「!」や「?」を入力したいときもありますよね。これも音声で入力可能です。

「三点リーダー」と言えば、「…」が表示。 「エクスクラメーションマーク」もしくは「びっくりマーク」と言うと、「!」が、「クエスチョンマーク」と言えば「?」が入力されます。

【関連記事】