Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

真っ暗な海に怪しい光…横行する外国人の『ワタリガニ密漁』 500匹被害の現場から逃げる3人組を追った

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FNNプライムオンライン

最盛期を迎えたワタリガニ漁で相次ぐ「密漁」

塩ゆでにしても、パスタにしてもおいしい、旬を迎えた「ワタリガニ」。 漁獲量が日本一の愛知県。漁が最盛期を迎えている8月、美浜町でワタリガニの密漁が横行している。 【画像】密猟者を発見!後を追うと… コロナ禍で収入が減る中、追い打ちをかけるように漁師らを悩ませる密漁。緊迫する深夜のパトロールに密着した。 漁協関係者: おいちょっと待て!中見せて、何があるの?カニがあるじゃん。ちょっと貸せ。ダメ 警察官: 日本のルールとして法律でやっちゃいけないよと決まっている 密漁したワタリガニの数は、なんと500匹。 ほんのり赤く染まったワタリガニは、ぎっしりと身が詰まり旨味がたっぷり。 店で買えば1匹1000円は下らないワタリガニだが、今、外国人による密漁が横行し、地元の産業を大きく揺るがす事態となっていた。 知多半島の伊勢湾に面した愛知県美浜町。この時期、ワタリガニ漁が最盛期を迎える。 しかし、地元の野間漁協の組合長・吉田和広さんは新型コロナウイルスの影響で、飲食店や旅館の需要が減ったため、2019の同じ時期に比べ、収入は2割ほど落ち込んだという。 野間漁業協同組合 組合長 吉田和広さん: 今年(2020年)はコロナの影響で、漁も大分減っちゃっとるもんで。漁師さんたちも困っちゃっとるし、カニ漁とか、かご漁とかいろいろやって夏場生計立てとるんだけど そこに、密漁が追い打ちをかけている。組合員の日記には、「カニどろぼう」や「海どろぼう」と書き込まれていた。 漁協では、8月8日に密漁を発見して以降、毎日パトロールしたところ、23日までの16日間に8日間、密漁者を確認した。 吉田さん: あれだけとられちゃうと、我々漁師たちも今から食っていくのに困っちゃう状態だもんで。今まで見たことのない量を(密漁者に)かなり持っていかれとるんだわ。我々漁師たちも怒っとるんだけどね

闇夜に怪しげな光…密漁パトロールに密着

8月23日、そのパトロールに密着した。 午前0時半、組合員から連絡を受けた吉田さんが急いで現場に向かうと、暗闇の海から時折、光が確認できた。 吉田さん: あそこ、あそこに見えるでしょ、わかる?あかり光ったでしょ?間違いないと思う 真っ暗な海の中、怪しくゆらゆらと揺れる「2つの光」。バシャバシャと水しぶきを立てながら人が歩いている姿も確認。 現場に警察官も駆けつけると、怪しい人影がこちらへと向かってきた。 吉田さん: 何やってきた?海で、今、中に入ってたじゃん 男A: ニホンゴ、ワカラナイ 吉田さん: 何も持ってない?何をやりに行った、海に? 男A: カニ 吉田さん: カニ ダメだよ! 男は、美浜町内の飲食店で働く中国人で、仕事終わりにカニを獲りに来たと言う。さらにもう1人、別の中国人の男もいた。 警察官: 何してた? 男B: サカナ 今回は密漁したカニなどが確認できなかったため、厳重注意で終わった。 吉田さん: モリを飛ばすとだめだよ 男B: ワカリマシタ、ゴメンナサイ

【関連記事】