Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全仏OP初優勝を目指すティームは、序盤でも危険な相手と当たるタフなドローに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE TENNIS DAILY

現地24日、「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)のドローが発表された。2年連続準優勝中で悲願の初優勝を目指すドミニク・ティーム(オーストリア)は、序盤戦から危険な相手と当たる可能性が高いドローとなった。 【実際のトーナメント表】錦織出場!全仏OP男子シングルス 第3シードで出場するティームの、決勝までの想定対戦相手は、ランキングや過去の実績を考慮すると以下となる。 1回戦:世界39位 マリン・チリッチ(クロアチア) 2回戦:世界36位 ライリー・オペルカ(アメリカ) 3回戦:第28シード キャスパー・ルード(ノルウェー) 4回戦:第16シード スタン・ワウリンカ(スイス)/第19シード フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ) 準々決勝:第8シード ガエル・モンフィス(フランス)/第12シード ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 準決勝:第2シード ラファエル・ナダル(スペイン) 決勝:第1シード ノバク・ジョコビッチ(セルビア)/第4シード ダニール・メドベージェフ(ロシア)/第5シード ステファノス・チチパス(ギリシャ) 1回戦で当たるチリッチは2014年「全米オープン」優勝の印象が強いが、「全仏オープン」でも2017年と2018年にベスト8進出の実績がある。2回戦のオペルカはビッグサーブが持ち味。球足が遅いクレーコートと言えど驚異であり、小さなミスでセットを落とす危険がある。 そして3回戦のルードは21歳の成長株。「ATP1000 ローマ」ではベスト4へ進出し、今週開催中の「ATP500 ハンブルク」でも現在ベスト8に勝ち残るなど、勢いがある。 そして4回戦には2015年「全仏オープン」王者のワウリンカ、更に準々決勝では「ATP1000 ローマ」でナダルを撃破し、決勝では敗れたもののジョコビッチから3度ブレークを奪った好調のシュワルツマンと当たる可能性がある。 ここまででも充分タフだが、ここからナダル、ジョコビッチというBIG3が二人待っている可能性があるドローだ。 前哨戦なしでハードコートからクレーコートへの適応が求められるが、「全米オープン」優勝の勢いでこれを乗り越えられるか注目される。 (テニスデイリー編集部) ※写真は「全米オープン」でのティーム (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

(c)テニスデイリー

【関連記事】