Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三浦春馬「遺書」の核心「僕の人間性を全否定する出来事が」――「優しさ」と「孤独」の30年【全文公開】

記事提供終了日:

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン
三浦春馬「遺書」の核心「僕の人間性を全否定する出来事が」――「優しさ」と「孤独」の30年【全文公開】

三浦春馬さん

「死のうと考えているのを悟られないようにすることは苦痛でした」。彼が遺した日記帳には、人生の懊悩が綴られていた。彼の死を悼む声は尚止まず、原因をめぐって様々な憶測が飛び交うが、本人が遺した言葉、親族・友人の証言から彼が生きた30年を振り返る。

本文:5,144文字

写真:5
  • 14歳からサーフィンを始めた
  • 兄のように慕った小栗旬
  • 「僕のいた時間」で共演した多部未華子
  • 卯都木氏(左)とは家族ぐるみの付き合いだった

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込220
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年8月6日号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます