Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

話題のクルマを品定め!〈アウディ〉Q3 スポーツバック35 TDIクワトロ Sライン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Safari Online

東京都民もいよいよGo toキャンペーンの仲間入り!? な~んて期待膨らむポストコロナ。そう、アクティブな『Safari Online』世代なら、もうロングドライブのチャンスを待ってはいられない。そんな勢いのままに、ここで一気に“新顔”をガレージに迎えちゃうっていうのも手かも。 〈アウディ〉SUV群の中核を担うQ3が8年ぶりのフルモデルチェンジ。新たにクーペスタイルの“スポーツバック”をラインナップして登場した。今回は、なかでもトレンドど真ん中のディーゼルエンジン搭載モデル、〈アウディ〉Q3 スポーツバック35 TDIクワトロ Sラインをご紹介!

まずはQ3のオーバービューから。気になるボディタイプは2種類をラインナップする。今回ご紹介するクーペタイプの“スポーツバック”は、これまでセダンタイプのモデルに設定されていたが、満を持して(?)、このQ3からSUVへの設定がスタートする。しかし、オーセンティックなSUVルックももちろん用意されていて、どちらもやや意匠が異なるからお気に入りを見つけてほしい。一番端的な特徴はやはりグリルの表情だ。

〈アウディ〉のアイコンといえば“シングルフレームグリル”。SUV群では大型のインテークを生かした八角形“オクタゴン”の意匠を採っている。スポーツバックには以前から同社“RS”グレードにも採用されていた蜂の巣状メッシュ、いわゆる“ハニカム柄”をさらに細かくしたものが入る。

対してSUVタイプには縦にメタルのラインがあしらわれる。むろん、ルーフラインの傾斜とともにラゲッジ容量も微妙に変わるので、ルックスと使い勝手をメインに考えていただきたい。

パワートレーンも強気な設定で、わかりやすい。メインになってくるのは今回ご紹介する2.0lターボディーゼルで、〈アウディ〉の代名詞であるクワトロ=四輪駆動はこのディーゼルのみ。ガソリンエンジンをチョイスすると自動的にFFとなる。

【関連記事】