Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【実録】家族というチーム運営に「スクラム開発」を取り入れた話

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

どの家族にも、多かれ少なかれルールがある。「午後8時までに帰宅すること」「お小遣いは3万円」「靴下は帰ってきたらすぐに脱ぐこと」……家族の数だけルールがあるが、我が家の取り組みは少し変わっているかもしれない。 【全画像をみる】【実録】家族というチーム運営に「スクラム開発」を取り入れた話 私達がルールとして導入したのは、通常、インターネットサービス開発などに用いられる『スクラム』という開発フレームワークだ。 本格的に取り組み始めたのはここ半年。きっかけは子供が保育園に通い始め、本格的に仕事と育児の両立が必要になったことだった。 子供が産まれるまでは仕事と日常生活だけで24時間が過ぎていたわけだから、ここに単純に育児が加われば忙殺されてしまうことは明らかだ。 この課題を解決するために私達が目指したのが、家族をチームとして運用することだ。その手法として取り入れたのが、チームで一つの目的を遂行するために創られた開発フレームワークだった。 この記事では、夫がプロダクトマネージャー・妻がデザイナーである我が家が、家庭におけるコミュニケーションをどう捉え、どのようにルールを決め、家族というチームを運営しているのかについて記載する。また、円滑な運用のために導入した各種ツールについても併せてご紹介できればと思う。

家庭内で行われる4つのコミュニケーション

私たちは日々、家族と様々なコミュニケーションを交わしている。これを大別すると、 伝達事項 タスク管理 知識の共有 雑談 この4つに分けることができる。これらは全て口頭で済まされがちだが、実はそれぞれに本来あるべき姿がある。 1つ目、伝達事項は、家族に漏れなく報告しなければならない事柄のことだ。 代表的なものはスケジュールで、「今日は飲み会があるから夕飯は必要ない」「日曜日は不在にする予定」など、正確に伝わっていないとトラブルのもとになることもある。口頭だけでは言った・言わない・忘れたなどの口論になることが多い。 2つ目、タスク管理は、「買い物リスト」や「やることリスト」と呼ばれる類のものだ。 家族が生活する上で必要な事柄のことで、確実にタスクを遂行すること、自分以外が遂行した場合にそれを把握する必要がある。これが上手く機能しないと、夫が卵を20個買ったまさしくその時間に、別のスーパーで妻が20個卵を買い、結果家に卵が40個もストックされるような悲劇が産まれる。 3つ目、知識の共有は、家族の誰もが同じ知識を共有する必要のある事柄である。 例えば親戚の連絡先、マンションのロッカーを開ける暗証番号、重要な契約書の所在などがこれに当たる。これらの知識は常にアクセスできる場所にあるべきで、どこにあるか忘れてしまったとしても、どこかにヒントを置いておく必要がある。共有を怠った場合、有事の際に途方に暮れることになるだろう。 最後が雑談だ。これは口頭で構わないし、むしろ口頭であるべきだ。 「今日、道端で見た犬が可愛かった」、「昼時に食べた坦々麺が絶品だった」、「子供がはじめてパパと喋った」など、積極的に会話を交わすことが、日々のコミュニケーションの円滑化に繋がるだろう。 上記の通り、コミュニケーションにはそれぞれ適した形がある。私達が最初に検討したのは、それぞれのコミュニケーションのあるべき姿を再検討することだった。

【関連記事】