Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

妻絶句「お義母さん…」飲食店開業した年収320万円夫の借金額

配信

幻冬舎ゴールドオンライン

コロナ感染拡大第2波が懸念される今、再度緊急事態宣言が発令されてしまえば、ようやく再開しつつある様々な経済活動がまたも停滞してしまう。なんとか4月~6月を乗り越えたサービス業の間には不安が広がっている。飲食店経営者はこの不況をどう生き抜くのか。本記事では、自宅を担保に700万円を借りたものの、業績が悪化し返済できなくなった飲食店経営者の例を見ていこう。 ※この記事は、烏丸リアルマネジメント株式会社代表取締役・矢田倫基の書籍『住宅ローンが払えなくなったら読む本』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

飲食店経営者「経営難で月8.5万円を返せない」

《押小路さん(仮名/おしこうじさん・45歳・男性)》 職業:飲食店経営・配送業配達員 年収:320万円 備考:飲食店を開業するため、父親名義の自宅を担保に700万円を借り入れたが、返済不能になり金融機関から競売申立の通知が届いた。 《物件とローンの詳細》 住宅のタイプ:一戸建て(築30年) 借入:700万円(金利8.1%) 毎月の返済額:8.5万円 備考:物件を購入したのは押小路さんの父親。その後、押小路さんが譲り受けて家族と居住していたが、名義は父親のまま。借金返済のため任意売却をすることとなったが、所有権を持つ父親が認知症のため法律行為ができない。 押小路さんが自宅を担保に700万円を借りたのは2012年のことでした。もともと飲食店で働いていた押小路さんは、そのお金を資金として念願だった自分のお店を開いたのです。 ところが経営は当初からうまくいかず、想定していたほどの収益をあげることができません。借金の返済が滞りがちになり、借入先の金融機関から自宅を競売にかける旨の連絡があったため、あわてて私の事務所を訪れたのは押小路さんの奥さんでした。 「うちの家は仕方がないにしても、お義母さんの家までなくなってしまわないか心配でなりません」 押小路さんは700万円を借りる際、母親が住むマンションも物上保証として担保に入れていたのです。 ◆父親は認知症で法律行為ができない状態 事情を聞いて私がすすめたのは押小路さんが住む家の任意売却でした。競売になる前に売却し、できる限り債務を減らしてから金融機関と交渉すれば、母親の住まいまで競売の対象となることは避けられる可能性が高かったためです。 さらに押小路さんの奥さんに要望を聞くと、子どもの学校があるので、できれば今の家に住み続けたいといいます。競売になれば住み続けることは不可能です。競売を避けて今の家に住み続けるには、押小路さん一家と賃貸借契約を結んでくれるような投資家に家を買ってもらうしかありません。 ところがここで大きな問題が発覚しました。

【関連記事】