Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本郷奏多、大河ドラマ「麒麟がくる」初登場で存在感!“高貴な顔立ち”と“ギャップ”で魅せる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

俳優の本郷奏多が、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)第22回「京よりの使者」(8月30日放送)で関白・近衛前久(このえ・さきひさ)役で初登場。さっそく存在感を見せつけた。 【写真を見る】前久(本郷奏多)のクールな流し目!涼しげな目元がたまらない ■ 伊呂波太夫とのシーンではチャーミングな魅力を発揮 同作は、史料がほとんど残っていない20代の明智十兵衛(光秀=長谷川博己)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀、さらに豊臣秀吉や徳川家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く物語。だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時撮影がストップ。6月7日に放送された21回「決戦!桶狭間」を最後に、新エピソードの放送も休止していた。 本郷が演じるのは、若き関白・近衛前久。公家でありながら政治に介入する変わり者で、幼い頃、近衛家に拾われた伊呂波太夫(尾野真千子)ときょうだいのように育った過去を持つ。 久々の放送となった30日、本郷演じる前久が本編に初登場。序盤では、家臣である三好長慶(山路和弘)に権力を握られて「帝が何ほどのものですか」とふてくされる第13代将軍・足利義輝(向井理)を「言葉が過ぎる!」と一喝。一方で、長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)とも向き合い、「将軍を亡きものにせんと企んでおる輩がいるというのじゃ」と、にらみを利かせてけん制した。 緊迫した政治シーンとは対照的に、姉代わり・伊呂波太夫とのシーンでは、29歳とは思えない少年のような魅力を発揮。伊呂波太夫に「さき様」と呼ばれ、さいころ遊びで伊呂波太夫に負けて「ううっ!」「もう一度!負けたままでは終われませぬ」と顔をゆがめて悔しがる姿もチャーミングだ。 ■ 「キングダム」に続く“高貴なお方”役がハマる! 大ヒットした映画「キングダム」(2019年公開)では、将軍を目指すエイ政(吉沢亮)の異母弟・成(せい)キョウを演じた本郷。 実母が王族の血を引いている自分こそが純血であり王にふさわしいと反乱を起こす、いわば“ひねくれ者”のキャラクターだ。そんな成キョウを、本郷は原作ファンも驚く再現度で演じてみせた。 絶えず不満げに顔を歪ませ黄金の玉座に横柄に腰掛ける姿は、まるで漫画のページから飛び出してきたかのよう。原作ファンからも「本郷奏多のビジュアルが完璧ww」「似合いすぎて声出た」といった声が上がり、地上波での初放送時には「本郷奏多」がTwitterのトレンドワード入りするほどの反響を呼んだ。 「麒麟がくる」でも、政治の世界で人の上に立つ人物を演じる。本郷自身の持つ高貴な顔立ちが前久に説得力を与え、よく通る凛とした声も切れ者らしさを窺わせる。大河へは初出演ながら、向井理や吉田鋼太郎といった大河俳優たちとも堂々と渡り合う存在感を持つ一方、伊呂波太夫とのやりとりで見せるチャーミングさとのギャップも印象深い。 鮮烈な印象を残した初登場回に、視聴者からも「本郷関白のビジュアルが気品に満ちて最高だった」「将軍家や三好家とのやり取りの時のピリッとしたお芝居と、伊呂波太夫の前で見せる柔らかいお芝居との差がでてて楽しい」「あの目力。今後が楽しみ!」といった声が続々と上がった。 義輝直々に京に呼び出された十兵衛との対面シーンもいずれ描かれるだろう。朝廷きっての切れ者とされる前久の今後の活躍ぶりにも期待が高まる。 (ザテレビジョン)

【関連記事】