Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現代アート×築100年の町家 モダンとレトロが融合したアートホテル

配信

岐阜新聞Web

 築100年弱の町家を改修した宿泊施設「Art&Hotel木ノ離(きのり)」が6月下旬、岐阜県郡上市八幡町島谷にオープンした。古民家改修などを手掛ける八幡町の設計事務所「スタジオ伝伝」が運営する。格子窓や土間など、昔ながらの町家の趣をそのまま伝えながら、各所に現代アートがちりばめられ、伝統とモダンが融合する不思議な空間となっている。  一帯はかつて花街だったエリアで、階段が三つ設置されている構造や細工の凝った廊下の格子など、その名残を残しつつ改修した。2階には3部屋あり、2部屋は畳の和室で、ふすまや古いタンスなど昔ながらの木造家屋の雰囲気を体感することができる。1室は洋室に改装した。  1階の座敷は、おもてなし空間として、壁画アートが客を出迎える。名産品ショップを併設し、お菓子や郡上本染など地元の若手職人たちとコラボレーションした商品が並ぶ。スタジオ伝伝の藤沢百合社長は「ここでしか買えない商品ばかり。町全体への関心を高めてもらえたら」と地域活性化も見据える。  その他、空間彫刻や現代アート約20作品が展示され、アートギャラリーとしての活用も図っていくという。藤沢社長は「泊まってもらうことはもちろんだが、買い物やギャラリーとして多くの人に来場してもらうことで、町家の魅力を発信していきたい」と話している。  一晩ゆっくりと町家暮らしを体験してもらおうと、宿泊は1日1組限定(定員6人まで)。申し込みは同施設ホームページ(www.kinori-denden.jp)から。

岐阜新聞社

【関連記事】