Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人気が高まるキャンプ。密にならないアメリカ流の楽しみ方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

コロナ禍で人気が高まるキャンプ。本場・アメリカでも、キャンピングカーの売り上げが前年同時期から170%もアップしているといいます。 アメリカ・シアトル在住のライターNorikoさんに、この夏実際に体験した、withコロナ時代のキャンプをレポートしてもらいました。

アメリカの最新キャンプ事情。ソーシャル・ディスタンスを守りつつ楽しむ

アメリカでは、海外渡航制限がある中で海外旅行をキャンセルした代わりのレジャーとして、車で行ける範囲の近場で自然を満喫する人が続出しています。 とくに自然の中のキャンプ場は連日満員御礼。わが家も小学生の子どもを連れて、毎年恒例のキャンプに出かけましたが、ちょっといつもとは違うスタイルになりました。

●人混みを避けて自然を楽しむレジャーにシフト

アメリカのキャンプ場は日本と違って、もともと個々のソーシャル・ディスタンスが守られる広々としたスペース。とくに緑豊かなシアトルは個々のサイトが木々で囲まれていることがほとんどで、プライバシーを保つ目隠しになっていると同時に場を仕切る壁のような役割を果たしています。薪をくべて調理が可能なファイヤーピットと、大きなピクニックテーブルも、個々のサイトに完備されています。

水栓、ゴミ捨て場、トイレ、トークン式のシャワーは共用ですが、水はタンク買いすれば共用の水栓を使わずにすみますし、シャワーも2、3日のことですからわざわざリスクを取ってまで浴びなくてもいいですよね。湖や川で水遊びをすれば、シャワー代わりに汗を流せてリフレッシュできるというもの。 キャンピングカーではなくテント派のわが家の場合、トイレだけはどうしても使わざるを得ませんでしたが、キャンピングカー派の割合が増え、多くの人が共用スペースを避けているせいか、「密」になることはまったくなく、常にガラガラでした。

●友だち家族とのキャンプもソーシャル・ディスタンスで

ファミリーキャンプはそんな感じで、目くじらを立てて対策を徹底しなくても、普段よりちょっと気をつける程度ですんだのですが、それでは友だち家族とのキャンプはどうするのが正解なのでしょうか? とくに感染リスクが高いと言われているのが他人との「会食」なので、食事の時間をどうするかが悩みどころですよね。

【関連記事】