Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

26歳アイドル「私を襲った“地獄”のような痛み」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東洋経済オンライン

東京都より「パラ応援大使」に任命され、「東京2020パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会」メンバーでもある、「仮面女子」のアイドル、猪狩ともか。 彼女は26歳のある日、強風で倒れてきた看板の下敷きになり、脊髄損傷を負って、以後、下半身不随に。歩くことはもちろん、自力で立つことさえできなくなった。 絶対安静の状態からリハビリを経て、車椅子に乗りながらアイドル復帰を果たし、現在は、NHK Eテレ『パラマニア』にレギュラー出演するなど、活動の場を広げている。 この記事の写真を見る

初の著書『100%の前向き思考――生きていたら何だってできる!  一歩ずつ前に進むための55の言葉』が『スイモクチャンネル』(BS-TBS、8月20日放送)や『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送、8月21日放送)でも紹介され、反響を呼んでいる猪狩ともかさんは、いったいどのようにして「前を向く」ことができたのか。 彼女が経験した、事故による痛みと、そこからの回復、そして「前向き思考」の源泉を、本書を再編集して紹介する。

■毎日ほとんど終電の日々 「26歳アイドル『あの日、私を襲った事故』の真実」でも述べましたが、「仮面女子」というアイドルグループに所属する私は、26歳のある日、秋葉原のステージに向かう途中、強風で倒れてきた看板の下敷きになりました。  突然の事故によって「脊髄損傷」を負った私は、それによって下半身不随に。歩くことはもちろん、自力で立つことさえできなくなりました。  あの日、急に強い突風が吹いて、左手の看板がガタガタ鳴っているのが、歩きながら、なんとなく目の端に入りました。

 「今日は風が強いな」そう思っていた次の瞬間、私は看板の下敷きになっていました。一瞬のことでした。  まず感じたのは、痛みよりも、看板の重さでした。看板は木製で「重さ数百キロ」もあったようです。  看板が重たくて、苦しくて苦しくて……。息ができない。経験したことのない、ありえない、凶器のような重さでした。  周りの人が助けてくださり、うつぶせの私を見て、仰向けにしてくれました。そのときです。「痛~~~~~ッ!! !」。今までに感じたことのない、信じられないほどの激痛が腰に走り、私は思わず絶叫していました。

【関連記事】