Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東洋のガラパゴス 奄美大島で 快眠体験と海中ミステリーサークル

配信

CREA WEB

#194 Amami Oshima奄美大島(鹿児島県)

 鹿児島と沖縄本島のほぼ真ん中に浮かぶ奄美大島は、“東洋のガラパゴス”と呼ばれています。 【画像】息をのむ絶景に心洗われる 青森の黄金崎不老ふ死温泉  ん? “東洋のガラパゴス”といえば、小笠原や西表島も、そう呼ばれているはず。  ガラパゴスとは、どの大陸とも陸続きになったことがないエクアドル領の島々。生物が独自の進化をたどったことで知られています。  そうした固有種の多い島を、“東洋のガラパゴス”と形容するのだそうです。“東洋のガラパゴス”、ひとつではなかったのですね。  奄美群島は地殻変動によって本土とくっついたり、離れたりを繰り返し、そのおかげで固有種が豊富。  そのため島の面積は日本の国土のわずか0.3%ながら、生息する生物種は国内全体のなんと約16%も。  島全体が国立公園として守られ、世界遺産の候補にもあがっているネイチャーアイランドです。  奄美群島は国土の0.3%。けれど、想像以上に大きい奄美大島。  沖縄本島、佐渡島に次いで、日本で3番目に大きな島です。今回目指した奄美大島の南端のヤドリ浜へは、空港から車で約2時間かかります。  空港周辺は比較的平坦なのですが、南下するにつれ、山がちな地形に変わっていきます。いくつものトンネルを抜けて、たどり着いたのが、穏やかな光に満ちたヤドリ浜。沖の正面に山が幾重にも重なった加計呂麻島を望み、背後にも緑深い山が迫っています。  この入り江には「THE SCENE」というリゾートが1軒あるのみ。  リゾートの母体はストレッチやヨガスタジオなど、ウェルネス産業の先駆者的存在。ダイバーであるオーナーがダイビングで訪れたこのロケーションに惚れ込み、「ウェルネス・ツーリズム」のキャピタルとなるべく、このリゾートを築いたそうです。

快眠体質へと導くプログラムを体験

 チェックインして、まずはウェルカムマッサージが待っています。  国内旅行といえど、飛行機に2時間のドライブ、移動疲れしたカラダにマッサージが効きます。こちらがリラックスしている間も、元セラピストのコンシェルジュは筋肉のこり具合や歩き方、姿勢、目指すゴールなどから、その日の体験メニューも考えているのだとか。  今回、体験したのは2泊3日の「快眠体質プログラム」。  昼間はビーチで過ごし、併設の眺めのいい露天温泉に浸かり、リラックス。夜にはルーフトップのドームソファで星空を見上げ、キャンドルが揺れるスタジオ内でヨガ。そして客室内での「快眠ヘッドマッサージ」がゴクラク。指圧で頭皮の毛細血管をもみほぐすことで、血流を均等にし、眠る準備を整えるのだそうです。  「カーテンを開けたままで寝てくださいね」と、スタッフ。  翌日、目覚まし時計にたよることなく、久しぶりに気持ちよく目が覚めました。太陽と共に生活するのは、やはり生き物として正しいことなのでしょう。

【関連記事】