Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「蜻蛉」って読めますか?みんなが知ってる生き物です!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CanCam.jp

よく知っている生き物の名前なのに、漢字で書かれると急に読めなくなってしまうことは多いものです。 たとえば、動物園の人気者「熊猫」や「嘴広鸛」。 ペットとしてもおなじみの「音呼」「鼬」「背黄青鸚哥」など。 あなたはいくつ読めましたか? そんな「読めそうで読めない」生き物の名前シリーズ、本日のお題はコチラです。 9割近くが、意外と知らない。「続柄」の正しい読み方、知っていますか?

「蜻蛉」。 この日本語も、ある生き物の名前です。誰もが知っている有名な生き物なのですが、いったいなんと読むのでしょうか?

■ここでヒント!

読み方が想像しやすくなるよう、いくつかヒントを見てみましょう。 ・ヒント1 昆虫です この生き物は、昆虫の一種です。自然がある場所で多く見かけますが、街なかでも出会うことがあります。 ・ヒント2 ハネがあります この虫は、棒状の体の両側に2対の長い翅(はね)を持っています。その姿はとても特徴的で、洋服や雑貨に使われるデザインとしてもおなじみです。 ・ヒント3 幼虫は「○○」と呼ばれます この生き物は大人になると空を飛びますが、幼虫のときは水の中にすんでいます。「蜻蛉」と呼ばれるようになるのは成虫になってからで、幼虫のときは「ヤゴ」と呼ばれます。 ……どんな生き物か、ピンと来ましたか? では正解を見てみましょう!

■正解は……コチラ!

「蜻蛉」の読み方、正解は「トンボ」でした! 田畑の害虫を食べてくれるトンボは、五穀豊穣の象徴として、また武士からは前にしか進めない「勝ち虫」として、日本で古くから親しまれてきました。着物や手ぬぐいで見かける「トンボ柄」は、縁起の良い柄としても有名です。 また、「トンボ」という言葉は他にもさまざまな意味を持っています。小学館デジタル大辞泉によれば、 ・トビウオの別名。とんぼうお。 ・歌舞伎で、役者が立ち回り中に切られたり投げられたりしたときなどに、手をつかずに宙返りすること。とんぼがえり。 ・印刷で、刷り位置を正確にするために版や原稿につける十文字の印。 ・運動場を整地する道具の通称。木製・金属製の丁字型の棒で、地面をならして平坦にする。 こうした意味も持っています。このうちのいくつかは、あなたも知っているのではないでしょうか。これらの言葉が定着したのは、蜻蛉が昔から親しまれてきた生き物である証拠とも言えそうです。

【関連記事】