Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ランボー ラスト・ブラッド」への道(3)キリスト受難劇としてのランボー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
キネマ旬報WEB

6月26日(金)より公開されるシルヴェスター・スタローン主演最新作「ランボー ラスト・ブラッド」の連続企画。第3回からは、ランボーの世界を掘り下げるエッセイをお届けしていこう。 「ランボー 最後の戦場」を今すぐ観る なぜランボーはいつも敵に痛めつけられるのか? なぜその身体は傷だらけなのか? シリーズを通して幾度も描かれる肉体的苦難=受難(パッション)の迫力のなかにこそ、俳優スタローンの真髄があった!

強調される肉体的苦難

カトリック系宗教新聞による2007年のインタビューのなかで、スタローンは「ランボー/最後の戦場」を「キリスト教的な映画(Christian movie)」だと述べている【脚注】。また、この記事は、 彼が幼少時からカトリック教育を受けたこと、 80年代は成功にかまけて教会から遠ざかっていたが、 90年代後半、病気を抱えて生まれてきた娘の存在がきっかけで、ふたたび信仰を重んじるようになったという事実を伝えている。 さて、では「キリスト教的」とは、どのような意味だろう。「最後の戦場」は、コロラド州からやってきた牧師たちをランボーがミャンマーで手助けする話だ。あらゆる「信仰」を失った主人公が、血みどろの戦場で、魂の救済のためのかすかなチャンスをつかむことができるかいなかが問われる。だから物語に「キリスト教的」なところがあるとひとまず言える。だがもちろんそれだけではない。ここでもまた濃密に繰り返されているランボーの苦行──あざけられ、ののしられ、嗤われ、瀕死の傷を負うその様子が──ヴィジュアルにおいて、はっきりとキリストの「受難=パッション」を反復している。スタローンはそのことをも自覚して「キリスト教的」と述べたのではないか。 たとえば、「ランボー/怒りの脱出」を見返してみよう。敵軍の捕虜となり、鎖で縛られたままヒルたちの巣食う泥沼に肩までとっぷりと浸かった主人公が、ずるずるとチェーンで引き上げられてゆく。すると私たち観客が目撃するのは、磔刑図そのままに、両腕を広げ足をだらりと垂らすその全身図であった。次の場面、加虐趣味が人相にはっきりと浮き出たソ連軍人たちにランボーが高圧電流を流されると、当時体脂肪率が5%を切っていたというその引き締まった肉体はさらに怒張し、筋線維の一本一本までが裸電球に照らされて浮き上がる。この衝撃的な光景は、殉教の苦悶を誇張して描いたバロック絵画さながらの力で観客を怯えさせずにいない。 「ランボー3/怒りのアフガン」では、冒頭の地下闘技場場面を経て、大工姿でトンカチを操る姿を 披露するランボーがいる。仏教寺院の上とはいえ、 キリストと同じ仕事に手を染めていることが偶然とは思えない。闘いに身を投じると、やはり肉体的苦難こそが過剰なまでに強調される。洞窟で独り、自分の脇腹── 十字架のキリストが 槍で刺し貫かれたのと左右違いで はあるが同じ箇所──に突き刺さった木片を、傷口の反対側から親指を突っ込んで押し出し、つぎに弾倉の火薬を注ぎ、着火して消毒、苦悶に耐えかね「ハウ アッ!」と絶叫するまでの姿が、 えんえんと、物語展開だけを考えればどう考えても不要な長さで描かれる。見誤るべくもないだろう。「ランボー」シリーズは、アメリカの大義の犠牲となって見捨てられた戦士の姿を、キリス ト受難劇に重ねて描こうとする作品群なのだ。

【関連記事】