Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ下火のいま実行すべき、女子会・ママ会「安全予防マニュアル」

配信

週刊女性PRIME

「すでに緊急事態も明けたので、新型コロナウイルスの感染対策を十分にやれば、そろそろ女子会やママ友会は再開しても大丈夫だと思います」 【写真】マスクの内側に柄がある、“ユリコノマスク”を外す小池百合子都知事  と話すのは、精神科医、産業医で作家の奥田弘美さん。

女性にはコミュニケーションが必要

 自粛要請期間中は、「ズーム」や「スカイプ」などオンラインでの飲み会や懇親会が注目されたが、久しぶりに外で友人と会いたいもの。  緊急事態宣言やアラートも解除され、飲食店の営業時間も延長となり、徐々に日常は戻ってきている。 「そもそも女性はコミュニケーション能力が発達している人が多く、他者とのおしゃべりが上手です。たわいもない無駄話だとしても、女性は楽しめることが多いです。  その中でストレスを解消したり、“そうだよね”と共感しあったり、慰めてもらったり、安心したり、“頑張ろうね”と、活力をもらうところがあります」(奥田医師)  そこで、自粛期間中に夫や子どもの在宅で、家事負担が増えストレスをため込んだ女性たちにとり、それを晴らすイベントは必要となる。  ただし、「密を避ける」「人が少ない時間帯」など条件をつけたうえで、奥田医師はこう注意を促す。 「60歳以上のかたや、呼吸器疾患、高血圧、糖尿病、がんなどの基礎疾患があるかたは、ハイリスクなので、控えたほうがいいと思います。もちろん、そのような人と同居しているかたも、引き続き自粛したほうが安全だと思います」  久しぶりの会合に心がときめくが、ほかには、どんな点に注意すればいいだろう─。  “覚悟”と“了解”が必要だというのは、ウイルス学を専門にする日本医科大学の北村義浩特任教授。 「お互いに感染させても問題ない間柄であれば、いいと思いますよ。たとえ感染させても“恨みっこなしね”といえる仲間ですね」  親しくない第三者がいる場で感染が起これば、後で“犯人探し”などのトラブルになりかねない。

店選びでの注意点

 会へ行く前には、次のような私たち自身の“自覚”も大切な要素だと北村特任教授。 「出かける前に、みずからの体温をきちんと測定するのは、もはや客としてのマナーだと思います。少しでも体温が高ければ、無理して外出しないことです。また、飲食を伴わない場所でやる場合は、できるだけマスクをして話す。大声で話さないといった心がけも大切だと思います」  会場となる店選びも注意しなくてはならない。 「入り口に客用の消毒液があり、客の体温を測る機器もあったほうが。それに換気や店内の消毒をきちんと行い、飛沫防止のしきりがあれば、なおいいですね」(北村特任教授)  そこまで徹底していれば、自分たち以外の客がいても、安心できるというもの。  コロナ禍では、店の雰囲気や値段よりも、感染予防の対策ぶりを優先したほうがいいようだ。  従業員がマスクを着用しているかも要確認で、 「客側が事前に確認できるかはわかりませんが、従業員の体温や体調管理もしっかりしている店舗がベストです」  と北村特任教授。  感染症専門医で東京・品川区の「KARADA内科クリニック」の佐藤昭裕院長は、“空間”に気を配るべきと話す。 「レストラン、ファミリーレストラン、居酒屋、喫茶店などどれもそうですが、混んでいない、密になっていない店を選ぶべきです。つまり、集客を絞っている店です」  東北大学病院の感染管理室の徳田浩一室長は席の配置に注意を促す。 「換気のよさそうな出入り口に近い座席を選んだり、窓が開いていればそこに近い座席を選んだほうがいい。  個室居酒屋であっても、換気がしっかりされていれば、リスクはそれほど高くないと思います。逆に屋台は屋外ですが、風よけのビニールシートがあれば密閉状態に。隣の席とも近いことが多いので、注意したほうがいいと思います」

【関連記事】